【皐月賞】⑤着キタノコマンドール大きな大きな鼻差

公開日:

負けても収穫

 1~3番人気に推されたワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールの3頭はいずれも馬券圏外に沈んだ。

 ①~③着馬の4角通過は5番手以内。追い込みが利きづらい展開の中、人気の3頭は4角で12、13番手の大外から。後方で牽制しあったことで、仕掛けが遅れた感も否めなかった。

 ラストは猛追してきたものの、時すでに遅し。ステルヴィオが④着で鼻差⑤着がキタノ。ワグネリアンはゴール前で挟まれる不利もあり、⑦着に敗れた。

 果たして、この3頭は次のダービーで巻き返しがあるのだろうか。

 もちろん、ステルヴィオ、ワグネリアンともに広い東京に替わるのは好材料。しかし、最も“収穫あり”で1冠目を終えたのはキタノコマンドールだろう。

 というのも、ダービー出走の賞金ボーダーは一昨年が1500万円で、昨年は1750万円。キタノは現時点で1400万円だから、微妙な状況だった。

 それが、今年からダービーの優先出走権が見直され、皐月賞は④着以内→⑤着以内に拡大。⑥着グレイルとの鼻差の接戦で競り勝ったことで、大きく道がひらけたのだ。

 しかも、まだキャリア3戦。初の長距離輸送がありながら、プラス12㌔と体を増やしていたことを思えば、良化の余地も十分残している。

 今回は回避したダノンの存在もあるだけに、世代の頂点の行方はまだまだ分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る