• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
市川正人
著者のコラム一覧
市川正人

東西通じてレース部で最年少。「WIN5」は発売開始からコラムを担当している。1点勝負から人気馬と穴馬を織り交ぜたセレクションまで自由自在。さらにこの春からは「人気馬を斬る」との二刀流。お宝馬券をゲットだぜ。

【土曜福島11R・福島牝馬S】GⅠ②着馬デンコウアンジュ復活V

 デンコウアンジュの巻き返しを狙う。東京マイル巧者のイメージを変えたのが、3走前のターコイズSだ。

 トップハンデ55キロを背負いながら、メンバー最速の上がり3F33秒9で③着。内めを追走して直線もロスなく競馬ができた上位2頭に対して、こちらは終始、馬群の外。4角も大外に持ち出しながら首、鼻差だから中身は濃い。

 2走前は直線で進路を探すロス、前走がスローの前残りとここ2戦は不完全燃焼の競馬。決して力負けではない。福島も最終週で差しが利く馬場になっている。GⅠ②着馬の復活Vに期待した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る