• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜東京11R・フローラS】連勝で樫の舞台へ レッドベルローズ

 レッドベルローズの重賞初Vだ。

 デビュー当初から素質の高さを見せつけてきたディープ産駒が、前走のミモザ賞で2勝目をマーク。オークスまであと一歩に迫ってきた。

 初戦はラスト2F11秒2―11秒1の高速加速ラップを大外から差し切りV。続くGⅢフェアリーSも、メンバー2位の上がりで③着。3戦目のGⅢクイーンCこそ直線接触の不利で不発に終わったが、前走のミモザ賞では即座に巻き返した。これまで悪かったスタートを決め、好位から1馬身4分の1差の完勝は強いの一言。父譲りの決め脚はここでも上位ランクだ。

「当日のイレ込みがゲート駐立にリンクするタイプ。でも、テンションの高さはこの馬なりにマシになってるよ」とは鹿戸師。さらに、ゲート内で待たされない外め偶数12番を引いたのも好材料だろう。

 ならば前走の再現だ。正攻法からの抜け出しで樫の舞台に駒を進める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る