• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜京都11R・マイラーズC】ロジクライ快進撃

2つ目の重賞ゲットだ

 ①着馬に安田記念の優先出走権が与えられるGⅡ戦。ロジクライを本命視だ。

 3歳1月のGⅢシンザン記念で初重賞勝ち。のちの桜花賞馬ジュエラーの追撃を首差封じ込めた。まだ適距離を探っていた頃とはいえ、レインボーライン(菊花賞②着)、ファインニードル(高松宮記念①着)らも寄せ付けなかった。

 その後に骨折などがあって、1年11カ月もの長期休養。昨年暮れに復帰したものの、復活へは相当な時間がかかるかと思われたのだが。

 それがどうだ。2戦目から②①①着の快進撃。とりわけ前走の六甲Sは好位3番手で折り合いをつけると、直線も追い出しを待つ余裕の立ち回り。最後までおつりを残してマイル1分32秒9のVタイムだから、文句なしの快勝だった。

 中間の気配も目立つ。

 1週前追いは川田を背に坂路4F50秒6と、この日の1番時計をマーク。これで態勢もしっかり整い、今週は53秒3を馬なり。十分過ぎる仕上がりである。

「川田騎手もいい感触を口にしてくれてました。順調にこれてるのが一番なのに、さらに成長してきてる印象もあります」

 デビューから担当する遠藤助手も愛馬の充実ぶりに目を細める。

 舞台も先行自在の脚質にマッチする開幕週の京都。2年3カ月ぶりの重賞でも主役に指名だ。

 相手本線はサングレーザーとモズアスコット。4歳勢は安田記念の時期はクラス編成で本賞金が半額になる。ともに前哨戦から全力投球。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る