弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜京都11R・マイラーズC】ロジクライ快進撃

公開日:

2つ目の重賞ゲットだ

 ①着馬に安田記念の優先出走権が与えられるGⅡ戦。ロジクライを本命視だ。

 3歳1月のGⅢシンザン記念で初重賞勝ち。のちの桜花賞馬ジュエラーの追撃を首差封じ込めた。まだ適距離を探っていた頃とはいえ、レインボーライン(菊花賞②着)、ファインニードル(高松宮記念①着)らも寄せ付けなかった。

 その後に骨折などがあって、1年11カ月もの長期休養。昨年暮れに復帰したものの、復活へは相当な時間がかかるかと思われたのだが。

 それがどうだ。2戦目から②①①着の快進撃。とりわけ前走の六甲Sは好位3番手で折り合いをつけると、直線も追い出しを待つ余裕の立ち回り。最後までおつりを残してマイル1分32秒9のVタイムだから、文句なしの快勝だった。

 中間の気配も目立つ。

 1週前追いは川田を背に坂路4F50秒6と、この日の1番時計をマーク。これで態勢もしっかり整い、今週は53秒3を馬なり。十分過ぎる仕上がりである。

「川田騎手もいい感触を口にしてくれてました。順調にこれてるのが一番なのに、さらに成長してきてる印象もあります」

 デビューから担当する遠藤助手も愛馬の充実ぶりに目を細める。

 舞台も先行自在の脚質にマッチする開幕週の京都。2年3カ月ぶりの重賞でも主役に指名だ。

 相手本線はサングレーザーとモズアスコット。4歳勢は安田記念の時期はクラス編成で本賞金が半額になる。ともに前哨戦から全力投球。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る