【マイラーズC】安田記念にまた新風 ①着サングレーザー②着モズアスコットで本番は4歳馬の頂上決戦

公開日:

 京都で行われたGⅡマイラーズCは4歳世代のワン・ツーだった。

 決着時計はなんと1分31秒3。これは14年ワールドエースが勝った年を上回って、京都芝千六百メートル(外回り)のコースレコードになった。

 この高速決着を制したのがサングレーザーで、②着がモズアスコット。

 勝ったサングレーザーはスタートから後方のインでじっくり脚をためる形。そして4角から直線はスムーズに外へ進路を取った。

 そこからが圧巻。強烈な伸びで差し切ったラスト3Fは実に33秒2! 開幕週ということを差し引いても極限に近い数字をマークしたのだから、強いの一言だった。

 ②着モズアスコットは展開を考えればサングレーザー以上という見方ができるかも。

 こちらは前半3F33秒9、5F57秒2のハイラップの中、3角では2番手に押し上げる競馬。直線も早々と先頭に立って後続のいい目標になりながらも、最後はエアスピネルにはかわさせなかった。

 ブッコ抜いた勝ち馬粘りに粘った②着馬――。さすがはハイレベルの4歳世代といったところだ。

 これでいよいよ楽しみになったのが安田記念。先の大阪杯を勝ったスワーヴリチャードが参戦を表明。さらに②着だったペルシアンナイトも。これに安田記念の優先出走権を得たサングレーザーが加わり、登録状況次第ではモズアスコットも出走できる可能性が残っている。

 昨年のマイルCSでは前記のペルシアンナイトが、アグネスデジタル以来となる17年ぶりの3歳馬Vをやってのけた。そう、近年最強世代である。今年の安田記念は4歳馬によるマイル頂上決戦となるのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る