【マイラーズC】レース後の談話

公開日:

①着サングレーザー(福永騎手) 予想したよりペースが流れて後ろの位置になりましたが、エアスピネルも近くにいたし、心配してませんでした。阪神C後に休ませたことで期待通りに成長してくれていて、レース中もいいフォーム。“良くなってきたな”と思いながら乗っていました(笑い)。もう少し流れに乗れるのが理想ですが、この決め手に磨きをかけていくのもいいかもしれません。

②着モズアスコット(ルメール騎手) スタート、直線といいスピードを見せてくれました。レコード決着になったし、今回は勝てなかったけど、ポテンシャルの高さは間違いない。重賞を勝てる力のある馬です。

③着エアスピネル(武豊騎手) う~ん、悪くないレースはできたけど、いい頃に比べると反応が物足りなかった。ま、今回は休み明けの分もあったし、使った次は良くなると思うよ。

④着ガリバルディ(和田騎手) 勝ち馬の位置がベストだと分かっているんだけど、その位置を取りきれなかった。それでも最後はいい脚を使っているし、噛み合えばって感じですね。

⑤着ベルキャニオン(藤岡佑騎手) スタートが決まったので、ハナに行ってもいいかなと。途中でかわされた時も力まず走ってくれたし、よくがんばってたと思いますよ。

⑥着グァンチャーレ(古川騎手) スムーズな競馬はできたけど、決め手の差が出てしまった。

⑦着ロジクライ(川田騎手) 3角で早めに前を追いかけるレースになって、きつい流れに。4角ではもう手応えがなくなってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る