• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【マイラーズC】レース後の談話

①着サングレーザー(福永騎手) 予想したよりペースが流れて後ろの位置になりましたが、エアスピネルも近くにいたし、心配してませんでした。阪神C後に休ませたことで期待通りに成長してくれていて、レース中もいいフォーム。“良くなってきたな”と思いながら乗っていました(笑い)。もう少し流れに乗れるのが理想ですが、この決め手に磨きをかけていくのもいいかもしれません。

②着モズアスコット(ルメール騎手) スタート、直線といいスピードを見せてくれました。レコード決着になったし、今回は勝てなかったけど、ポテンシャルの高さは間違いない。重賞を勝てる力のある馬です。

③着エアスピネル(武豊騎手) う~ん、悪くないレースはできたけど、いい頃に比べると反応が物足りなかった。ま、今回は休み明けの分もあったし、使った次は良くなると思うよ。

④着ガリバルディ(和田騎手) 勝ち馬の位置がベストだと分かっているんだけど、その位置を取りきれなかった。それでも最後はいい脚を使っているし、噛み合えばって感じですね。

⑤着ベルキャニオン(藤岡佑騎手) スタートが決まったので、ハナに行ってもいいかなと。途中でかわされた時も力まず走ってくれたし、よくがんばってたと思いますよ。

⑥着グァンチャーレ(古川騎手) スムーズな競馬はできたけど、決め手の差が出てしまった。

⑦着ロジクライ(川田騎手) 3角で早めに前を追いかけるレースになって、きつい流れに。4角ではもう手応えがなくなってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る