【フローラS】圧巻の差し切りサトノワルキューレ 桜花賞①②着と3強形成か

公開日:

 こちらもハイレベルの3歳牝馬路線をさらに浮き彫りにさせる結果となった。

 GⅡフローラSはサトノワルキューレが1番人気に応えて勝利。その勝ちっぷりは桜花賞①②着馬に割って入る可能性を感じさせるモノだ。

 東京開幕週で先行馬、内側が圧倒的に有利な馬場状態。それを4角最後方から不利な大外をブン回しての直線一気。スローペースでレースの後半5Fが58秒4という②③着した先行馬が止まらない展開の中、サトノ自身は推定で5F56秒台半ばの長い長い脚を繰り出した。

 使った上がりは3F33秒4の瞬発力、残り2、1Fは推定で21秒8―11秒1。ゴール前は②着馬をかわしてから流すアッと驚くハイパフォーマンス。しかも、勝ち時計の二千メートル1分59秒5はレースレコードのおまけ付きである。ちなみに、これまでの記録だった16年チェッキーノ=1分59秒7は次走、オークスで首差②着の好走を演じている。

 当然、サトノも有力候補に名乗りを上げたと言っていい。今年の3歳牝馬路線は2歳女王ラッキーライラック、桜花賞馬アーモンドアイと例年よりはるかに高いレベルの世代だが、こちらも凱旋門賞や3冠達成を意識する“2強”に割って入るほどの快走だった。

 デビューから桜花賞には目もくれず、一貫してオークス狙い。二千四百メートルを牡馬相手に2度も経験しているのは2頭にない大きなアドバンテージになる。

 GⅠ24勝の角居厩舎はオークスも2勝。勝つ術を知っているトップステーブルだけに、今から1カ月後の3強対決が楽しみになる勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る