【フローラS】圧巻の差し切りサトノワルキューレ 桜花賞①②着と3強形成か

公開日:

 こちらもハイレベルの3歳牝馬路線をさらに浮き彫りにさせる結果となった。

 GⅡフローラSはサトノワルキューレが1番人気に応えて勝利。その勝ちっぷりは桜花賞①②着馬に割って入る可能性を感じさせるモノだ。

 東京開幕週で先行馬、内側が圧倒的に有利な馬場状態。それを4角最後方から不利な大外をブン回しての直線一気。スローペースでレースの後半5Fが58秒4という②③着した先行馬が止まらない展開の中、サトノ自身は推定で5F56秒台半ばの長い長い脚を繰り出した。

 使った上がりは3F33秒4の瞬発力、残り2、1Fは推定で21秒8―11秒1。ゴール前は②着馬をかわしてから流すアッと驚くハイパフォーマンス。しかも、勝ち時計の二千メートル1分59秒5はレースレコードのおまけ付きである。ちなみに、これまでの記録だった16年チェッキーノ=1分59秒7は次走、オークスで首差②着の好走を演じている。

 当然、サトノも有力候補に名乗りを上げたと言っていい。今年の3歳牝馬路線は2歳女王ラッキーライラック、桜花賞馬アーモンドアイと例年よりはるかに高いレベルの世代だが、こちらも凱旋門賞や3冠達成を意識する“2強”に割って入るほどの快走だった。

 デビューから桜花賞には目もくれず、一貫してオークス狙い。二千四百メートルを牡馬相手に2度も経験しているのは2頭にない大きなアドバンテージになる。

 GⅠ24勝の角居厩舎はオークスも2勝。勝つ術を知っているトップステーブルだけに、今から1カ月後の3強対決が楽しみになる勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る