• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フローラS】レース後の談話

①着サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手) スタートがそんなに速くなかったし、ごちゃごちゃした内を気にしていたのでゆったり後ろから行きました。新馬を勝った時から長く脚を使うので東京向きだと思っていたんですよ。その通りでしたね。長い直線も合いますね。二千メートルはちょっと短い感じもしたので、オークスが楽しみですよ。

②着パイオニアバイオ(柴田善騎手) 追い切りにまたがった時に“未勝利時と比べて力をつけてるな”と感じてたんだ。全体的にパワーアップしていたね。切れる馬じゃないんで、きょうのように前、前で運ぶ形が合ってる。まだこれから良くなりそうだよ。

③着ノームコア(戸崎騎手) まだ緩さがあってハミに乗っかって走るところはありますが、全体的には上手に走れていたと思います。最後までしぶとく伸びてくれました。

④着サラキア(池添騎手) 2コーナーでごちゃついて引っ張るシーンが。内枠ということもあって4コーナーでは内を突きました。直線の手応えはあったんですが、前が壁になって手綱を持ちながら進路を探して探してで。しっかり追うことができませんでした。決め手やポテンシャルが高いのは間違いないんですが……。残念です。

⑤着ファストライフ(大野騎手) いいデキで臨めましたね。距離に不安を感じていましたが、最後までいい脚使ってくれてましたよ。よく頑張りました。

⑭着オハナ(石橋騎手) スタートを上手に出てくれたし、スムーズにあのポジションに。馬混みの中でじっくり脚をためて運べたはずなのに、ゴーサインを出しても反応してくれなかった。嫌気を出していたのか、左にもたれる面もあったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る