【フローラS】レース後の談話

公開日:

①着サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手) スタートがそんなに速くなかったし、ごちゃごちゃした内を気にしていたのでゆったり後ろから行きました。新馬を勝った時から長く脚を使うので東京向きだと思っていたんですよ。その通りでしたね。長い直線も合いますね。二千メートルはちょっと短い感じもしたので、オークスが楽しみですよ。

②着パイオニアバイオ(柴田善騎手) 追い切りにまたがった時に“未勝利時と比べて力をつけてるな”と感じてたんだ。全体的にパワーアップしていたね。切れる馬じゃないんで、きょうのように前、前で運ぶ形が合ってる。まだこれから良くなりそうだよ。

③着ノームコア(戸崎騎手) まだ緩さがあってハミに乗っかって走るところはありますが、全体的には上手に走れていたと思います。最後までしぶとく伸びてくれました。

④着サラキア(池添騎手) 2コーナーでごちゃついて引っ張るシーンが。内枠ということもあって4コーナーでは内を突きました。直線の手応えはあったんですが、前が壁になって手綱を持ちながら進路を探して探してで。しっかり追うことができませんでした。決め手やポテンシャルが高いのは間違いないんですが……。残念です。

⑤着ファストライフ(大野騎手) いいデキで臨めましたね。距離に不安を感じていましたが、最後までいい脚使ってくれてましたよ。よく頑張りました。

⑭着オハナ(石橋騎手) スタートを上手に出てくれたし、スムーズにあのポジションに。馬混みの中でじっくり脚をためて運べたはずなのに、ゴーサインを出しても反応してくれなかった。嫌気を出していたのか、左にもたれる面もあったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る