【フローラS】レース後の談話

公開日:

①着サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手) スタートがそんなに速くなかったし、ごちゃごちゃした内を気にしていたのでゆったり後ろから行きました。新馬を勝った時から長く脚を使うので東京向きだと思っていたんですよ。その通りでしたね。長い直線も合いますね。二千メートルはちょっと短い感じもしたので、オークスが楽しみですよ。

②着パイオニアバイオ(柴田善騎手) 追い切りにまたがった時に“未勝利時と比べて力をつけてるな”と感じてたんだ。全体的にパワーアップしていたね。切れる馬じゃないんで、きょうのように前、前で運ぶ形が合ってる。まだこれから良くなりそうだよ。

③着ノームコア(戸崎騎手) まだ緩さがあってハミに乗っかって走るところはありますが、全体的には上手に走れていたと思います。最後までしぶとく伸びてくれました。

④着サラキア(池添騎手) 2コーナーでごちゃついて引っ張るシーンが。内枠ということもあって4コーナーでは内を突きました。直線の手応えはあったんですが、前が壁になって手綱を持ちながら進路を探して探してで。しっかり追うことができませんでした。決め手やポテンシャルが高いのは間違いないんですが……。残念です。

⑤着ファストライフ(大野騎手) いいデキで臨めましたね。距離に不安を感じていましたが、最後までいい脚使ってくれてましたよ。よく頑張りました。

⑭着オハナ(石橋騎手) スタートを上手に出てくれたし、スムーズにあのポジションに。馬混みの中でじっくり脚をためて運べたはずなのに、ゴーサインを出しても反応してくれなかった。嫌気を出していたのか、左にもたれる面もあったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る