• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【天皇賞・春】菊花賞馬不在は荒れる!?

 今年の古馬長距離路線は“キタサンロス”で確固たる主役がいない。天皇賞のメンバーでGⅠウイナーはジャパンC馬シュヴァルグランのみ。菊花賞馬が一頭も出走しないのは非常に珍しい。

 過去30年で菊花賞馬不在は3回。実は、いずれもかなりの人気薄が突っ込んでいる。

 最初は89年。前年の菊花賞馬スーパークリークが翌年の春競馬を全休。主役不在の年を制したのは4番人気の[地]イナリワンで、②着は単勝148・7倍の16番人気ミスターシクレノン。当時は枠連のみで3320円の配当だったが、③着が1番人気スルーオダイナでも、3連単があれば100万馬券になっていたかも。

 98年は前年の菊花賞馬マチカネフクキタルが不出走。勝ったメジロブライトは単勝2・3倍の2番人気でも、②着が10番人気ステイゴールドの大駆けで、馬連4770円の波乱になった。③着は5番人気ローゼンカバリー。3連単は10万以上のイメージか。

 直近では10年。①②着は2、4番人気のジャガーメイル、マイネルキッツと人気サイドの決着だった。しかし、③着は16番人気メイショウドンタク。3連単91万1660円のドリーム馬券が飛び出している。

 となれば、今年も超人気薄の②③着パターンは考えておきたい。ちなみに、前記のミスターシクレノン、メイショウドンタクはともに前走⑪着。今年はヤマカツライデンが該当するが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る