【天皇賞・春】菊花賞馬不在は荒れる!?

公開日:

 今年の古馬長距離路線は“キタサンロス”で確固たる主役がいない。天皇賞のメンバーでGⅠウイナーはジャパンC馬シュヴァルグランのみ。菊花賞馬が一頭も出走しないのは非常に珍しい。

 過去30年で菊花賞馬不在は3回。実は、いずれもかなりの人気薄が突っ込んでいる。

 最初は89年。前年の菊花賞馬スーパークリークが翌年の春競馬を全休。主役不在の年を制したのは4番人気の[地]イナリワンで、②着は単勝148・7倍の16番人気ミスターシクレノン。当時は枠連のみで3320円の配当だったが、③着が1番人気スルーオダイナでも、3連単があれば100万馬券になっていたかも。

 98年は前年の菊花賞馬マチカネフクキタルが不出走。勝ったメジロブライトは単勝2・3倍の2番人気でも、②着が10番人気ステイゴールドの大駆けで、馬連4770円の波乱になった。③着は5番人気ローゼンカバリー。3連単は10万以上のイメージか。

 直近では10年。①②着は2、4番人気のジャガーメイル、マイネルキッツと人気サイドの決着だった。しかし、③着は16番人気メイショウドンタク。3連単91万1660円のドリーム馬券が飛び出している。

 となれば、今年も超人気薄の②③着パターンは考えておきたい。ちなみに、前記のミスターシクレノン、メイショウドンタクはともに前走⑪着。今年はヤマカツライデンが該当するが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る