弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【天皇賞・春】得意のコースで無類のスタミナが生きる 主役はクリンチャー

公開日:

 クリンチャーのGⅠ初制覇だ。

 京都は〈2100〉。未勝利戦が最低人気を覆す勝利なら、泥田で行われた菊花賞がロングスパートで②着。そして、今年の京都記念は同世代のGⅠ馬を差し切る価値ある重賞V。常にドラマをつくってきた。

 長丁場のスタミナは菊花賞で証明済み。加えて、阪神大賞典の内容も評価できる。

 スタート直後に他馬と接触したことで終始、引っ掛かり気味に。3角過ぎには早々に手応えも怪しくなっていた。

 それがどうだ。失速どころか最後まで粘り強い走りで③着。長谷川助手も「負けたけど、あらためて“凄い馬”と思った」である。

 ただし、得意コースでも長距離戦で折り合いを欠くのは致命傷になる。そこで今回は調整にもひと工夫。

 前走時は1週前にCウッド6F78秒台で追われたが、今回は83秒台にとどめた。最終追いは三浦を背に坂路4F54秒9。初コンタクトから呼吸の合った走りを披露した。

「今から思うと前走は中距離仕様だった。今回は菊花賞のイメージで、三千二百メートルを意識してつくってきた。今年3戦目で一番の状態で臨めます」

 得意舞台の京都。やっぱり主役はクリンチャーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る