• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【日曜東京11R・スイートピーS】ロフティフレーズでGⅠ前のひと勝負!

 天皇賞は◎ルメール、○M・デムーロ、▲ボウマンと外国人ジョッキーの騎乗馬ばかりが印上位に。もちろん、長丁場において騎手の腕は大きなウエートを占めるが、こうなったのは本当に“たまたま”。このプロセスは弊社のホームページにアップされている動画で詳しく解説しています。

 この動画は先週のマイラーズCから、有料会員コンテンツに移行させていただきました。ゴールデンウイーク明けからは他にも新しいコンテンツを投入する予定。紙面はもちろん、デジタルコンテンツもお楽しみいただけたらと思います。「オイオイ、宣伝が半分以上かよ」というツッコミは却下です(笑い)。

【東京11R・スイートピーS】 ここで買いたいのはロフティフレーズ。

 新馬勝ちの後、一気にGⅢクイーンCに挑戦。結果は⑨着だったが、勝ったテトラドラクマは千六1分33秒7の好時計での押し切り。そこから0秒6差なら、悪い内容ではない。

 その経験が前走、自己条件に戻って生きた。惜しくも鼻差負けだが、③着は2馬身半離し、五百万では最上位の力があることを示した。

 ここはオープンだが、怖いのはミュージアムヒルだけのメンバー。この2頭を大本線に勝負!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る