• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【天皇賞】状態は二重マル ヤマカツライデン一人旅

ドリーム馬券獲得だ

 ヤマカツライデンでドリーム馬券。

 前走は大阪杯に出走。結果は⑪着だった。

 池添兼師が振り返る。

「スローの逃げで、スワーヴリチャードに早めにかわされてしまった。持ち味を生かし切れなかったね」

 現在、中距離のトップスターに大名マークされてはさすがにきつい。

“逃げ馬の大敗は度外視”は競馬のひとつのセオリー。大変身に向けて、状態面はマル印が付く。

 レース後もすぐに乗り出され、先週木曜はCウッド6F80秒1―37秒7、ラスト11秒8。ビッシリ追われて力強い動きを見せた。

 そして、今週水曜は坂路4F50秒6―13秒2。雨で重い馬場を全くモノともせず、2番目より1秒も速い、この日の1番時計だ。

「もともとケイコで動くタイプだが、いい動きだったね。今年4戦目でも具合はいい。ここも自分の競馬をするだけ。坂の下りでどれだけ離していられるか」

 昨年も春の盾に出走した。大外17番枠から積極的にハナへ。

 5Fを58秒3、10Fを1分59秒7と10馬身以上離して、ガンガン飛ばした。しかし、2番手にいたのが最強馬キタサンブラックだ。
 2周目の3コーナーから動かれて、残り3Fで外からかわされてしまった。これでは⑮着敗退も仕方ない。

 今年はそのキタサンがいない。枠も外の17番から内の5番になった。昨年同様に逃げまくり、4コーナーを回っても、まだまだ後続には数馬身差をつけている。

 そのまま粘りに粘って波乱のゴールイン。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る