武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【香港・QエリザベスⅡ世C】武田は「日本馬2頭で決着」

公開日:  更新日:

 レースの焦点は単騎逃げ有望なタイムワープに“鈴をつけにいく”のはどの馬になるのか、ということ。

 地元香港勢は差し馬ばかり。そのうえタイムは3頭出しのクルーズ厩舎の有力馬だ。他の馬が潰しに行くことはない。

 となれば、動くのは日本馬。ダンビュライトが前を突っつき、そこをアルアインが差して後続を封じる――。そんな競馬を想定する。

 皐月賞をレースレコードで制したように、アルアインが力を出せればここでも力が違う。強い4歳世代のクラシックホースが、2つ目のタイトルを獲得だ。

 早めのスパートで上がりのかかる流れなら、そのままダンビュライトの残り目が有望。ここは日本馬を応援したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る