武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【香港・QエリザベスⅡ世C】武田は「日本馬2頭で決着」

公開日:  更新日:

 レースの焦点は単騎逃げ有望なタイムワープに“鈴をつけにいく”のはどの馬になるのか、ということ。

 地元香港勢は差し馬ばかり。そのうえタイムは3頭出しのクルーズ厩舎の有力馬だ。他の馬が潰しに行くことはない。

 となれば、動くのは日本馬。ダンビュライトが前を突っつき、そこをアルアインが差して後続を封じる――。そんな競馬を想定する。

 皐月賞をレースレコードで制したように、アルアインが力を出せればここでも力が違う。強い4歳世代のクラシックホースが、2つ目のタイトルを獲得だ。

 早めのスパートで上がりのかかる流れなら、そのままダンビュライトの残り目が有望。ここは日本馬を応援したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る