新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【香港・QエリザベスⅡ世C】新谷勝負馬 タイムワープ一気逃走

公開日:  更新日:

驚異的な2走前の再現

 タイムワープの逃走Vにかける。

 初めてのGⅠ勝利となったのが昨年暮れの香港カップ。国民的名馬ワーザーにかわすことを許さずに完封してみせた。

 ただし、2Fごとに公表されているラップは26秒27―25秒12―24秒37―23秒79―22秒08。前半ゆっくり入り、上がり勝負に持ち込めた展開利があったことが分かる。

 2つ目のGⅠ勝ちは違った。2走前の香港ゴールドCは驚異的。25秒68―23秒35―23秒39―23秒32―24秒23だ。3F目からは1F11秒台の高速ラップを連発。普通なら逃げバテの形態でも、そのまま押し切った。

 走破時計はレースレコードの1分59秒97。この舞台で香港競馬史上、初めて2分を切った唯一の馬になった。恵まれ勝ちとは言えない好内容。明らかに搭載エンジンが強化されてきている。

 前走のチェアマンズT⑩着は1番人気を背負ってのマイル戦。さすがに展開が厳しかった分、度外視していい。

 思えば、3走前の香港スチュワーズCも同じように1番人気、マイル、⑩着。これで2番人気に下がった香港ゴールドCが前記の完勝だった。

 そう、忙しい千六を使ったことが“喝”になり、得意の二千に戻って結果を出したということ。今回も同様の臨戦過程。一人旅での完封劇をここも決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る