薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【天皇賞】シュヴァルグラン不動

公開日:

必勝態勢が整った

 今年こそシュヴァルグランが勝つ。

 前2年の天皇賞・春は③→②着。キタサンブラックが引退した今、断然の1番人気に推されていい存在だ。ところが評価はそうでもない。やはり大阪杯の⑬着大敗が影響しているようだ。

 しかし、前走は全く度外視していい。はっきり言って本番へのひとたたき。ステイヤーが不向きな二千メートルを使ったのだ。おまけにレースはスローで展開まで不向き。これが予想以上に着順を落とすもとになっていた。

 前2年のステップレースは阪神大賞典。①→②着と結果を出したが、本番を考えるとマイナス面もあった。長距離→長距離で「目に見えない疲れがあったかもしれない」とは友道師。その経験から今年は負担の軽い二千メートル戦を選択したのだ。

「中3週で仕上げやすい」(友道師)のも大阪杯を選択した理由。思惑通りに良化をたどってきた。前走時は放牧帰りで馬体も緩ければ、気持ちの乗りも一息。放牧ボケの面すらあった。

 今回は使った効果がある上に、1週ごとに動きも鋭さを加えた。ボウマン騎乗の坂路最終追いは馬場悪化の時間帯でも1F13秒を切ってきた。反応の速さはいい時の姿。勝つ態勢は完全に整っている。

 勝負馬券は頭固定の3連単だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る