飯島理智
著者のコラム一覧
飯島理智

関東の取材陣では一番の若手で、「1日1鞍」のコラムでおなじみ。ジョッキーだけでなく、厩務員や調教助手の知り合いは数えきれないほど。美浦だけでなく、栗東トレセンまで及ぶほど交友関係は広い。

【土曜京都11R・京都新聞杯】グローリーヴェイズは「ここ勝負」の西下

公開日:

 グローリーヴェイズが再び存在感を見せつける。きさらぎ賞は鼻差②着と接戦を演じて、賞金加算に成功。それから皐月賞を目指したが、現実は甘くなかった。

「勝った馬(サトノフェイバー)が骨折したくらいだし、タフなレースになりましたね。なかなか疲れが抜け切らず、一息入れたんです」と尾関師が話す。

 方針転換したプランは意外なものだった。

「ダービーではなく、重賞を求めて使う。ええ、ここ一本でやっていきますよ」

 このコメントからも、ここが目イチの仕上げであることは間違いない。

「直前の追い切りだけで比較すれば、今までで一番いい。体や気持ちも時間なりの成長はしてくれたと思います。現状の力は出せるはず……」

 馬券は馬連7点に1000円ずつ。3連単は◎○軸2頭流しマルチ=30点に各100円の計1万円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る