• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜京都11R・京都新聞杯】メイショウテッコン能力全開

調整工夫で勝てる仕上げ

 メイショウテッコンで勝負する。

 2走前に五百万級を逃げ切り勝ち。鼻差退けたエタリオウが先週のGⅡ青葉賞②着なら、突き放した③着馬サトノワルキューレはその後2連勝でGⅡ勝ちした。潜在能力は相当に高い馬である。

 ただ、前走の若葉Sは気負いが目立ったし、出遅れて⑥着とモロい面も同居する。そこで今回は調整を変えてきた。

 前走時は1週前にCウッドで6F76秒台を出してハードに攻めたが、今回は1週前が坂路で、当週はCウッドで半マイル追い。併せ馬でも馬なりで精神面にゆとりを持たせた仕上げを施した。

「これで十分。勝てるだけの能力を秘めているし、力を出し切らせたい。勝たないとダービーに出られませんから」と矢野助手。東上最終切符はメイショウテッコンが取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る