勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【日曜京都10R・上賀茂S】充実一途ミキノトランペット勝ってオープン入り

公開日:  更新日:

 先週はひどかった。春天を外した猛省、ではなく、全レース終了後の京都競馬場の状況だ。いや、惨状と書くべきか。至るところで大量のゴミが散乱していた。トランプなら数セット分になる大量のマークカード付きで。

 あまりの嫌悪感で「日刊ゲンダイ競馬」公式ツイッターにツイートしたが、やはり共感者は多かったようだ。考えたくもないのだが、レース中、風で飛ばされた新聞がコースに――。そんな惨事は避けたい。ポイ捨ては禁止。やはり勝っても負けてもゴミはゴミ箱に、だ。

【京都10R・上賀茂S】 軌道に乗ったミキノトランペットが◎。

 充実ぶりは近走戦績のとおり。3歳春から6戦も勝ち切れなかった五百万を、復帰戦の12月中京で3馬身差V。圧勝で甘かったかつてのイメージを払拭すると、一千万クラスは③①着とわずか2戦でクリア。そして、初の準オープンの前走はいきなり連対した。“進軍ラッパ”に乗るかのように、階段を駆け上がるスピードがグンと増している。

 その要因はひとえに4歳馬らしい成長にある。馬体重が520キロ台まで増加。脚の長さが目立つスマートな体形から、ダート馬らしい肉厚の馬体への変貌が好走を生んでいる。実際に、前走は逃げたもののテンから絡まれて2頭で飛ばす形。相手が⑬着と失速する中、②着だから体力強化は明らか。

 今回はひとたたきの上積みもある。リーチ一発でオープン入りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る