• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
市川正人
著者のコラム一覧
市川正人

東西通じてレース部で最年少。「WIN5」は発売開始からコラムを担当している。1点勝負から人気馬と穴馬を織り交ぜたセレクションまで自由自在。さらにこの春からは「人気馬を斬る」との二刀流。お宝馬券をゲットだぜ。

【日曜新潟11R・新潟大賞典】切れ者を狙えハクサンルドルフ直一気

 このレースは過去10年間で上がり最速だった馬(タイも含む)が〈5332〉と好成績を残している。とにかく切れるタイプを狙うのが鉄則だ。

 ならば、現役屈指の切れ者ハクサンルドルフの出番。これまで上がり3F33秒台が9回、32秒台も2回マークしている。決め手はメンバー上位の存在といっていい。

 二千の経験は昨秋のムーンライトHだけだが、当時はトップハンデ57・5キロを背負ってのもの。それで①着馬キンショーユキヒメ(福島牝馬S勝ち)と首、頭差③着だから距離延長は不問だ。ワンターンの外回り、ハンデ55キロなら末脚の威力は倍増。直一気が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る