市川正人
著者のコラム一覧
市川正人

東西通じてレース部で最年少。「WIN5」は発売開始からコラムを担当している。1点勝負から人気馬と穴馬を織り交ぜたセレクションまで自由自在。さらにこの春からは「人気馬を斬る」との二刀流。お宝馬券をゲットだぜ。

【日曜新潟11R・新潟大賞典】切れ者を狙えハクサンルドルフ直一気

公開日:

 このレースは過去10年間で上がり最速だった馬(タイも含む)が〈5332〉と好成績を残している。とにかく切れるタイプを狙うのが鉄則だ。

 ならば、現役屈指の切れ者ハクサンルドルフの出番。これまで上がり3F33秒台が9回、32秒台も2回マークしている。決め手はメンバー上位の存在といっていい。

 二千の経験は昨秋のムーンライトHだけだが、当時はトップハンデ57・5キロを背負ってのもの。それで①着馬キンショーユキヒメ(福島牝馬S勝ち)と首、頭差③着だから距離延長は不問だ。ワンターンの外回り、ハンデ55キロなら末脚の威力は倍増。直一気が決まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る