大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【NHKマイルC】プリモシーン末脚一閃

公開日:

並み居る牡馬をなで斬り

 ここ2年連続で牝馬が勝っている3歳マイル王決定戦。今年も◎プリモシーンが続く。

 初勝利を挙げたのは今回と同じ東京マイル。前半60秒1、レースの上がり34秒1のスローの瞬発力勝負を[12][12][8]だから、展開としては不向きだった。しかも、[2][3][2]と好位から盤石の競馬をしていたのが、のちにクイーンCを勝つテトラドラクマだ。そんな厳しい状況の中で、上がり33秒2の末脚を披露。テトラとの激しいたたき合いを首差制したのだから、ハイレベルな内容だった。

 今年初戦となったフェアリーSは3カ月ぶりの実戦。加えて、外枠不利の中山マイルで14番枠は楽ではなかった。それでも、外めから[9][8][5]とポジションを押し上げ、最後も楽に抜け出してきたから大したもの。切れ味と持続力を兼ね備えた末脚は、間違いなく一級品である。

 前走の桜花賞では初の長距離輸送でテンションが上がってしまい、痛恨の出負け。直線も前が詰まって全く競馬をしていないだけに、⑩着惨敗も気にする必要はない。

 地元の東京に替われば能力全開は間違いなし。強烈な決め手をフル発揮して、並み居る牡馬をなで斬りだ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る