【NHKマイルC】ケイアイノーテック藤岡佑が代打で大外一気

公開日:

苦節15年のGⅠ制覇

 今年の3歳マイル王はケイアイノーテック。手綱を取った藤岡佑にはうれしいGⅠ初制覇となった。

 今年でデビュー15年目。新人当時には年間35勝を挙げて最多勝利新人騎手に輝いたり、2008年にはキャリアハイとなる、年間75勝を挙げたこともあったが、その後はケガとの戦いも。14年には他馬に蹴られて頭蓋骨骨折。15、16年にも骨折……。近年は思うように成績が上がらなかった。

 それが今年は絶好調モードに突入。1月にいきなり8勝を挙げると、2月には11勝。そして3、4月と勝ち星を積み重ねて、4月終了時点では27勝。昨年は36勝だったから、これまでにないハイペースで勝ち星を量産していたのが分かる。

 重賞でもクリンチャーで京都記念、そして日経賞はガンコでV。皐月賞では9番人気サンリヴァル②着で波乱を演出するなど、好騎乗が目立ったいた。

 そしてNHKマイルCはこのケイアイノーテック。当初は武豊が乗る予定だったが、騎乗停止によって回ってきた“ピンチヒッター”だった。

「スタートから行き脚がつかなくて」

 レース後はそう振り返っていたが、それでも今年“ノリノリ”の男は違う。「腹をくくって」後方でじっくり脚をためる作戦に切り替えると、直線は迷いなく、進路を外へ。道中でうまくコンタクトを取っていたからこそ、爆発力があった。メンバー唯一の33秒台の脚を引き出して、見た目にも鮮やかな勝利を決めたのだからお見事だ。

 13年には約半年間、フランスに渡って腕を磨いて現地で勝利も挙げるなど、技術向上への意欲は以前から非常に高かったジョッキー。それがようやく実を結んでのGⅠ初制覇だったか。ひとつ勲章を取って殻をぶち破っただけに、今後もその騎乗ぶりには注目が必要かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る