【NHKマイルC】藤原英師絶好調②着ギベオン賞金加算ダービーへ

公開日:

 惜しくも②着で涙をのんだのは2番人気のギベオン。好位からソツのないレース運びで抜け出したが、ゴール前でケイアイが強襲。首差でGⅠタイトルを逃した。

 ただし、賞金加算には成功。本賞金1650万円は微妙な状況だっただけに、大目標のダービーへと夢をつなぐことができたのは大きい。

 それにしても、凄いのが藤原英厩舎だ。

 NHKマイルCは2頭出しで②着ギベオン、④着ミスターメロディと、ともに掲示板を確保。先週は東京、京都で計10頭を使って〈3205〉、連対率・500だった。

 恐るべきはこの好成績でも、今年の藤原英厩舎にとっては“普通”にすぎないということ。

 先週終了時点でリーディング断トツの33勝。勝率・303、連対率・505と、常識離れした数字をマークしているからだ。

 3月10、11日には土、日で6勝を挙げるなど、記録的なペースで勝ち星を量産。皐月賞ではエポカドーロで約2年ぶりのGⅠ制覇も決めている。

 まさにキャリアベストの成績を残しそうな今年の藤原英厩舎。今週のヴィクトリアマイルにも上がり馬メイズオブオナーを送り込む。

 準オープン勝ち直後でのGⅠ初挑戦は楽ではないとはいえ、陣営の勢いから目を離すわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る