【NHKマイルC】藤原英師絶好調②着ギベオン賞金加算ダービーへ

公開日:

 惜しくも②着で涙をのんだのは2番人気のギベオン。好位からソツのないレース運びで抜け出したが、ゴール前でケイアイが強襲。首差でGⅠタイトルを逃した。

 ただし、賞金加算には成功。本賞金1650万円は微妙な状況だっただけに、大目標のダービーへと夢をつなぐことができたのは大きい。

 それにしても、凄いのが藤原英厩舎だ。

 NHKマイルCは2頭出しで②着ギベオン、④着ミスターメロディと、ともに掲示板を確保。先週は東京、京都で計10頭を使って〈3205〉、連対率・500だった。

 恐るべきはこの好成績でも、今年の藤原英厩舎にとっては“普通”にすぎないということ。

 先週終了時点でリーディング断トツの33勝。勝率・303、連対率・505と、常識離れした数字をマークしているからだ。

 3月10、11日には土、日で6勝を挙げるなど、記録的なペースで勝ち星を量産。皐月賞ではエポカドーロで約2年ぶりのGⅠ制覇も決めている。

 まさにキャリアベストの成績を残しそうな今年の藤原英厩舎。今週のヴィクトリアマイルにも上がり馬メイズオブオナーを送り込む。

 準オープン勝ち直後でのGⅠ初挑戦は楽ではないとはいえ、陣営の勢いから目を離すわけにはいかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る