【NHKマイルC】藤沢和師3頭出し1番人気タワーオブロンドン⑫着惨敗

公開日:

 1番人気タワーオブロンドンは全くいいところなく、勝ち馬から1秒差の⑫着に敗れた。

 今回の藤沢和厩舎は3頭出し。他にファストアプローチ、ロックディスタウンが出走していた。

 その中でロックがパドックでイレ込み、立ち上がって転倒するアクシデントが。それでもすぐに立ち上がって事なきを得たが、レースではタワーがスタートでつまずき、直線ではファストアプローチの外への動きや、カツジが少しインに切れ込んだことで進路がなくなり、ルメールは最後、追えずにゴールイン。7戦目にして初めて、馬券圏外に消えてしまった。

 英国遠征を視野に入れて、ロイヤルアスコット開催のセントジェームズパレスS(6月19日・芝千六)とコモンウェルスC(6月22日・芝千二)の両GⅠに登録。だが、「遠征は結果次第。まずはここに全力投球」と藤沢和師はコメントしていた。それが消化不良の結果に終わったのは、陣営でなくても残念としか言いようがない。

 今回のタワーはトライアルのアーリントンCを勝って、本番で負けた。来週も藤沢和師はルメールを背に、ソウルスターリングでヴィクトリアマイルに挑む。

 こちらは前哨戦の阪神牝馬Sで⑩着。次もこのコンビが馬券の鍵を握っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る