【NHKマイルC】レース後の談話

公開日:

①着ケイアイノーテック(藤岡佑騎手) ゴールした直後は内と外が離れていて“どうかな”と。で、一番やっちゃいけないんですけど、②着のジョッキーに確認しちゃいました(笑い)。勝ってホッとしました。ずっとGⅠが欲しいと思っていたので、やっと届きました。スタートの1歩目は出たんですが、びっくりするぐらいスピードに乗らなかったので、腹をくくってあの位置から。長く持続する脚を使うので踏み遅れだけは避けようと、半マイルあたりから仕掛けました。エンジンが掛かってからは素晴らしい伸び。最後は気力で出てくれましたね。

②着ギベオン(M・デムーロ騎手) 少しだけやられてしまったね。まだ馬が子どもで、直線は抜け出してからフワッとしてしまったよ。その後、もう一度追い掛けてくれたけど、間に合わなかったね。

③着レッドヴェイロン(岩田騎手) 少し出負けしたけど、その後は流れに乗って運べたよ。着差が着差だっただけに、もう少しスムーズなら良かったんだけど。

④着ミスターメロディ(福永騎手) ケイコから押さえられるように調整してきたからね。ペースが遅くて少し行きたがる面はあったけど、何とかこらえてくれた。直線も最後まで頑張ってくれたよ。

⑤着プリモシーン(戸崎騎手) ゲートをうまく出せず後ろからになったけど、直線は最後までしっかり脚を使ってくれました。

⑥着パクスアメリカーナ(川田騎手) どうしても直線は強く内にササる面を出してしまいます。左回りも2度目で良くなるかと思ったんですが。今後の課題になりますね。

⑦着ダノンスマッシュ(北村友騎手) スタートが予想以上に良かったんで、無理に押さえることなくリズム重視で運びました。ラストまで食いついて頑張っていましたが、右に張るところもありました。そのあたりは体の緩さかな。今後の成長に期待します。

⑫着タワーオブロンドン(ルメール騎手) スタートでつまずいて、いいポジションを取れず大変だった。直線は前がひらけた時に出していこうとしたら狭められてブレーキ。ほとんどプッシュせずに終わってしまった。

⑭着テトラドラクマ(田辺騎手) したいレースはできました。道中は掛かる馬も多かったけど、自分の馬は力むところなく運べましたよ。ただ、あの流れでも周りは容赦なくついてきたし、GⅠは甘くないということですかね。直線は惰性で踏ん張らせたかったんですが、寄られるところもあったので……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る