【新潟大賞典】スズカデヴィアス22回目の挑戦で重賞初勝利

公開日:

 新潟メインの新潟大賞典を制したのは5番人気のスズカデヴィアス。7歳にして念願の重賞初制覇を決めた。

 これが22回目の重賞チャレンジ。昨年の福島記念では首差の②着、前走の小倉大賞典でも、勝負どころで不利がありながらも③着。あと一歩のところでタイトルを逃していた。

 今回は1番枠もあって道中はいつもより前のポジションで内めをロスなく追走。直線半ばで抜け出すとそのまま押し切ってみせた。最内枠を生かし切った初コンビの三浦の手腕も光った一戦だった。

 ②着には9番人気のステイインシアトル。③着にも11番人気のナスノセイカンと人気薄が入り、3連単は58万1000円の高配当に。ハンデ戦らしい波乱の決着になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る