外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【ヴィクトリアマイル】レーヌミノル2年連続マイル女王に

公開日:

牡馬相手に揉まれて地力強化

 昨年はスローの上がり勝負となった。しかし、カワキタエンカ、アエロリットといった強力先行がいる今年はある程度ペースが上がりそうだ。

 緩みのない高速決着で頼りになるのはタフな競馬の経験値。◎は前4戦で牡馬相手に善戦してきたレーヌミノルでいく。

 特に紅一点で臨んだ昨秋のGⅠマイルCSは見せ場十分の④着だった。

 前半5F58秒6の流れを好位で楽に追走して、直線ではいったん抜け出すかのシーン。先着を許したのはペルシアンナイト、エアスピネル、サングレーザー。牡馬一線級の実力馬相手に鼻+半馬身+4分の3馬身差で続いた粘りは、さすがハイレベル4歳世代の桜花賞馬である。

 その後の前3戦は短距離路線にシフトしたが、小差に踏ん張ってもラストのひと押しを欠く内容が続いた。やはり、この馬はマイルがベストとの見立て。課題の折り合いも今年の流れならクリアできるはず。

 今回は中6週としっかり間隔を取ったことで、調整も意欲的に消化。1週前には6F79秒5―37秒1、1F11秒8の自己ベストを更新すれば、直前も6F84秒7―40秒0、1F12秒0としっかりしまいを伸ばしてきた。

 昨年のマイルGⅠ実績に加え、このデキがあれば、本田師の「ここに入っても十分やれる」は納得。2年連続でマイル女王に輝く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る