• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【ヴィクトリアマイル】レーヌミノル2年連続マイル女王に

牡馬相手に揉まれて地力強化

 昨年はスローの上がり勝負となった。しかし、カワキタエンカ、アエロリットといった強力先行がいる今年はある程度ペースが上がりそうだ。

 緩みのない高速決着で頼りになるのはタフな競馬の経験値。◎は前4戦で牡馬相手に善戦してきたレーヌミノルでいく。

 特に紅一点で臨んだ昨秋のGⅠマイルCSは見せ場十分の④着だった。

 前半5F58秒6の流れを好位で楽に追走して、直線ではいったん抜け出すかのシーン。先着を許したのはペルシアンナイト、エアスピネル、サングレーザー。牡馬一線級の実力馬相手に鼻+半馬身+4分の3馬身差で続いた粘りは、さすがハイレベル4歳世代の桜花賞馬である。

 その後の前3戦は短距離路線にシフトしたが、小差に踏ん張ってもラストのひと押しを欠く内容が続いた。やはり、この馬はマイルがベストとの見立て。課題の折り合いも今年の流れならクリアできるはず。

 今回は中6週としっかり間隔を取ったことで、調整も意欲的に消化。1週前には6F79秒5―37秒1、1F11秒8の自己ベストを更新すれば、直前も6F84秒7―40秒0、1F12秒0としっかりしまいを伸ばしてきた。

 昨年のマイルGⅠ実績に加え、このデキがあれば、本田師の「ここに入っても十分やれる」は納得。2年連続でマイル女王に輝く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る