大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【ヴィクトリアマイル】今年はVだ ジュールポレール

公開日:

 ジュールポレールが新マイル女王の座に就く。

 昨年のこのレースでは0秒2差③着。初めてのGⅠ挑戦でも、一線級相手にヒケを取らない実力を大いに示した。

 当時は前日までの雨が影響して、重↓稍重にようやく回復したもの。ジュールはうずしおSで上がり32秒8をマークして快勝したように、軽い馬場で一瞬の決め手を生かすのがベスト。それを思えば不向きなコンディションだけに、着順以上の評価をしていい。

 この一戦を含めて、重賞では4戦して③③⑯⑤着。なかなかタイトルに届いていないが、いずれも敗因ははっきり。

 昨年の阪神牝馬Sは重馬場だったし、エ女王杯は明らかに距離が長かったもの。前走にしても5カ月ぶりで今回を見据えてのステップレース。加えて、ゴール前で狭くなって手綱を引っ張る場面もあり、0秒2差ならむしろ上々の内容だった。

 もちろん、本番の今回は全力投球。昨年③着のリベンジを期すべく、仕上げにも熱が入る。

 1週前はいっぱいに追われて51秒2―12秒1の好時計をマークすると、今週は軽く気合をつけただけで51秒3―12秒3。馬場の真ん中を力強く駆け抜ける姿に、画面越しからもデキの良さがヒシヒシと伝わった。

 展開的にはカワキタエンカの逃げ一車。馬場の良さも考慮すれば、展開利があるのは好位のインで立ち回るクチだ。

 ジュールはトップスタートを切ることも多いほど。絶好の4番枠を引いたこともあり、楽に2、3番手のインをキープすることができる。
 良馬場の今年はそこからの切れが違う。堂々の先頭ゴールを果たす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る