首差でアパパネがブエナビスタを振り切る

公開日:

 先週は藤岡佑介騎手が念願のGI初制覇。昔、一口愛馬だったヴェルザンディ(ディープインパクトの妹)に乗ってもらってね。若いのに力強く追うなぁって印象だったけど、あれから10年か。本当におめでとう。

 明日はヴィクトリアM。一度だけですが、府中のスタンドで観戦したことがあります。あれは7年前、ブエナビスタが圧倒的人気で、2番人気がアパパネ。それ以外は単勝10倍以上というまさに「2強」でした。

 レースは大逃げのオウケンサクラを巡って、直線勝負。先に仕掛けたアパパネ、そこに襲い掛かるブエナビスタ、内で粘るレディアルバローザも加わり、激しいムチの音がスタンドにまで響く壮絶な叩き合い。首、首の差で制したのは……アパパネ! 三冠牝馬の意地を見ましたが、あの激闘は今でも忘れられないなぁ。

 ③着レディアルバローザ、⑦着アニメイトバイオ、⑫着カウアイレーンの仔がオールフォーラヴ、パイオニアバイオ、ステイフーリッシュ。それぞれオークス・ダービーへ、母としての戦いも始まってるんですよね。

 今年の中心はリスグラシュー。2000メートル以下では10戦全て馬券になっているのは心強い。相手は昨年の覇者アドマイヤリード、調子落ちさえなければミスパンテールも。最大の惑星はデアレガーロ。馬券は2枚。◎1頭軸の3連単フォーメーションでいってみましょうか。

◎リスグラシュー
○アドマイヤリード
▲デアレガーロ
☆ミスパンテール
△ラビットラン
△レッドアヴァンセ
△デンコウアンジュ

【3連単】フォーメーション
▼⑯→②③⑥⑪⑮⑰
 →②③⑥⑪⑮⑰
▼②⑪⑮→⑯
 →②③⑥⑪⑮⑰
 計45点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る