首差でアパパネがブエナビスタを振り切る

公開日:

 先週は藤岡佑介騎手が念願のGI初制覇。昔、一口愛馬だったヴェルザンディ(ディープインパクトの妹)に乗ってもらってね。若いのに力強く追うなぁって印象だったけど、あれから10年か。本当におめでとう。

 明日はヴィクトリアM。一度だけですが、府中のスタンドで観戦したことがあります。あれは7年前、ブエナビスタが圧倒的人気で、2番人気がアパパネ。それ以外は単勝10倍以上というまさに「2強」でした。

 レースは大逃げのオウケンサクラを巡って、直線勝負。先に仕掛けたアパパネ、そこに襲い掛かるブエナビスタ、内で粘るレディアルバローザも加わり、激しいムチの音がスタンドにまで響く壮絶な叩き合い。首、首の差で制したのは……アパパネ! 三冠牝馬の意地を見ましたが、あの激闘は今でも忘れられないなぁ。

 ③着レディアルバローザ、⑦着アニメイトバイオ、⑫着カウアイレーンの仔がオールフォーラヴ、パイオニアバイオ、ステイフーリッシュ。それぞれオークス・ダービーへ、母としての戦いも始まってるんですよね。

 今年の中心はリスグラシュー。2000メートル以下では10戦全て馬券になっているのは心強い。相手は昨年の覇者アドマイヤリード、調子落ちさえなければミスパンテールも。最大の惑星はデアレガーロ。馬券は2枚。◎1頭軸の3連単フォーメーションでいってみましょうか。

◎リスグラシュー
○アドマイヤリード
▲デアレガーロ
☆ミスパンテール
△ラビットラン
△レッドアヴァンセ
△デンコウアンジュ

【3連単】フォーメーション
▼⑯→②③⑥⑪⑮⑰
 →②③⑥⑪⑮⑰
▼②⑪⑮→⑯
 →②③⑥⑪⑮⑰
 計45点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る