【ヴィクトリアマイル】強運を生かし切ったジュールポレール

公開日:

〝18番目〟から一気に頂点へ

 今年の古馬マイル女王に輝いたのはジュールポレールだった。

 昨年のヴィクトリアマイルでは③着。GⅠ初出走でも見せ場十分だったが、今年は先頭でゴールイン。重賞初制覇をこの大舞台でやってのけた。

 その裏には“強運”があったことも確かだ。その昨年のヴィクトリアマイル後は準オープン特別の勝利はあったものの、秋のエリザベス女王杯は⑯着。そして今年の始動戦となった阪神牝馬Sは⑤着止まり。ここまで賞金を加算することができなかった。

 だからこそ、管理する西園師は賞金加算へ向けて阪神牝馬Sから中1週で「福島牝馬Sを使うことも考えた」と話していたほどだった。

 だが、そのローテーションで使ってしまえば、肝心のところでオツリがなくなるとあって、師は本番へギリギリで出走できる方に懸けたのだ。

 それが“吉”と出た。登録馬はちょうどフルゲートの18頭。しかも、出走馬決定順は18番目。そう、もし、賞金持ちの1頭が出走に踏み切っていれば、このGⅠ制覇はなかったどころか、ゲートインさえかなわなかったのだ。

 出走できたことに加えて引いた枠順にも運があった。先週の東京は土曜が“超”のつくほどの高速馬場。日曜は雨の影響で稍重になったとはいえ、決着時計は1分32秒3。同じ稍重の昨年より1秒6も速かったのだ。

 時計が速くなればなるほど、インを通るに越したことはない。その中で内めの偶数4番枠は願ってもないところだったといえる。

 そんな運が味方したとはいえ、勝てたのは力をつけたからこそに他ならない。この先のジュールポレールの走りには注目していきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る