【ヴィクトリアマイル】リスグラシューまたも惜敗の理由

公開日:

4回目の②着

 一方、1番人気に支持されたリスグラシューはまた、また、また、また②着に終わってしまった。

 いつ悲願達成となるのか――。振り返れば2歳時の阪神ジュベナイルFは大外18番からのスタート。メンバー最速の上がりで追い込んで0秒2差の②着。内をうまく立ち回った勝ち馬ソウルスターリングとは対照的なレースで存在感はアピールしていた。

 さらに桜花賞では阪神JFで負けたソウルには雪辱するも、8番人気レーヌミノルの大駆けにあって半馬身差の②着。そして昨秋の秋華賞でも、重馬場も気にせずに道中は内、内を回ってコースロスを避けた鞍上ルメールのファインプレーが光ったディアドラに屈して②着……。

 いつも安定した走りはするが、結果的にはツキに見放されてきた。

 このヴィクトリアマイルで通算4回目となるGⅠ②着。今回も絶好枠4番のジュールポレールに対して、こちらは16番。少しのロスが響く時計の出やすい馬場で、またもや、ツキがなかったということか。

 それでも、その着差はわずかに「鼻」。同じGⅠ②着でも過去最小着差だった。いつ勲章に届いてもいい力は持ってるだけに、“あと少し何かが味方すれば”と思わずにはいられない結果だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る