【ヴィクトリアマイル】レース後の談話

公開日:

①着ジュールポレール(幸騎手) ここまでずっとコンビを組ませてもらって重賞を勝つチャンスはあったんですが、うまく勝たせてやることができなかったんでうれしいです。きょうは馬の邪魔をしないでうまく乗れたかな(笑い)。最後、前はしぶといし、後ろからも来てるのが分かったので必死でしたよ。大きな鼻差でしたね。これからも大きいところを取れると思います。追われる立場になりますが、頑張ってほしいですね。

②着リスグラシュー(武豊騎手) あそこまでいったら勝ちたかった。いいレースができたけど、やはり外枠でポジションがねえ。クリストフ(ルメール騎手)の位置で競馬ができれば良かったんだけど。

③着レッドアヴァンセ
(北村友騎手) 気持ちゲートはソワソワしましたが、出てくれて、思い描いてた通りの競馬ができました。直線もしっかり反応して脚を使ったんですが、最後の最後で鈍ってしまいました。

④着アエロリット(戸崎騎手) 形は良かったかなとは思いますが、もう少しリラックスして走れれば違ったかもしれませんね。直線もジリジリだったし、馬場も乾いていた方が良かったかもしれません(レース後に左前脚落鉄が判明)。

⑤着ミスパンテール(昆調教師) 直前の雨がねえ。カチカチの馬場でやりたかったんで。ジョッキーはもっと前で競馬をするつもりだったらしいけど、ゲートが良くなかったであの位置からに。理想の位置ではなかったので、「スムーズさを欠いたかな。何もかもうまくいかなかった」とも言っていましたよ。それでも、そう差のない⑤着。よく頑張ったと思います。

⑥着レッツゴードンキ(岩田騎手) 4角までいい位置で運べたけど、最後は同じ脚色になってしまった。

⑦着ソウルスターリング(ルメール騎手) リラックスしていたし、直線も伸びてくれた。右にモタれたのは残念だったけど、前回を思えば、力を出せたと思うよ。

⑧着アドマイヤリード(M・デムーロ騎手) 追い出してから思ったほど伸びなかった。この馬場はいいかと思ってたけど、気にしていたね。

⑨着ワントゥワン(藤岡佑騎手) この馬のスタイルで運びました。距離は微妙な感じはしましたが、だんだんと力をつけてきてますよ。

⑩着レーヌミノル(和田騎手) もう少し早くに雨が降ってほしかった。時計が速すぎた。

⑪着メイズオブオナー(福永騎手) 緩い馬場なのに時計が速い変な馬場だったけど、頑張ってはくれた。これからの馬だから。

⑫着デンコウアンジュ(蛯名騎手) スムーズに絶好の形で運べたんだけど。1分32秒台で走ったことがないように、時計の壁があったね。

⑬着ラビットラン(川田騎手) 4角までいい雰囲気でしたが、直線ですぐに苦しくなってしまいました。

⑭着カワキタエンカ(大野騎手) 前半は良かったんですが、コーナーで外に張ってしまいました。その分のロスが大きかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る