【オークス】桜花賞の黄、ピンク帽に注意!?

公開日:

 00年以降のオークス馬19頭(10年はアパパネ、サンテミリオンの同着)を前走別で見ると、桜花賞が14勝と断然だ。

 フローラSが01年レディパステル、サンテミリオンの2頭、忘れな草賞は11年エリンコート、15年ミッキークイーンと同じく2頭。もう1頭がスイートピーSからの06年カワカミプリンセスで、これ以外のローテーションで勝った馬はいない。

 最多14頭を輩出している王道路線組を調べると、面白いことに「前走5枠」が圧倒的に強い。

 オークス出走馬の桜花賞での枠はこんな具合。
   ①②③外 連対率
1枠 10210・077
2枠 12014・176
3枠 1009・100
4枠 12211・188
5枠 60113・300
6枠 10013・071
7枠 12318・125
8枠 25112・350

 1冠目で5枠だった馬の勝利は03年スティルインラブ、08年トールポピー、09年ブエナビスタ、10年アパパネ、12年ジェンティルドンナ、14年ヌーヴォレコルト。8枠の活躍も目立つ。

 今年は桜で黄帽がリリーノーブル、ピンク帽がマウレアだ。そこで③⑤着の2頭なら、可能性は十分あり!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る