• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【オークス】2冠に向けて順風満帆 アーモンドアイ断然

 驚異の末脚で桜花賞を制したアーモンドアイ。レース後、ルメールが語った「トリプルクラウンを考えられる馬」は、2冠目のオークスに向けて順風満帆だ。

 まずはレースを振り返ると、千六1分33秒1は厩舎の偉大な先輩アパパネの持つ桜花賞レコードを0秒2更新。上がり33秒2は2位のトーセンブレスの34秒2を1秒上回る強烈なものだった。その数字を悠々と大外一気で記録したのだから、これはもう力が違ったとしか言いようがない。

 しかも、桜花賞史上で最長間隔のロングシュートである。たたき2戦目のオークスは、さらにワンランク上の走りを期待していい。
 前走時は2週連続のモヤで、追い切りの動きははっきり確認できなかったが、今回は視界もクリア。その上積みが十分に伝わってきた。

 特に秀逸が1週前。雨で重くなったウッドでも6F82秒4―38秒3、1F13秒0の好時計を持ったまま。脚力の強さをアピールし、鞍上ルメールとのコンタクトも完璧だった。道中の折り合い、仕掛けられてからの反応は文句なし。

 父は短距離界の絶対王者ロードカナロア。しかし、この操縦性の高さに加え、母がオークス②着フサイチパンドラなら二千四百も心配無用だ。

 盤石の態勢で臨む2冠目はまさに視界良好。鞍上のコメント実現に向けて、また一歩前進する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る