弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【オークス】逆襲材料が揃ったラッキーライラック雪辱

公開日:

 ラッキーライラックの反撃だ。

 桜花賞はアーモンドアイの爆発力にしびれた。だが、②着のラッキーが本当に全力疾走だったかとなるとどうか。488㌔は木曜計量の504㌔から16㌔も落としていた。「日曜にかけて急に冷え込んだ」(松永幹師)ことも微妙に影響したと思われる。

 今回は空模様はともかく気温は安定しそう。

「プラス体重で臨めると思う。桜花賞と同じ1枠でもレースに臨む気持ちが違いますね」

 金曜朝の松永幹師の表情も穏やか。Cウッド2周を消化し、担当の丸内助手と会話を交わす時にも笑顔が絶えなかった。

「桜花賞は前半を出していったけど、今回は距離もあるからね。自分のリズムで」

 デビュー当初から「跳びが大きくて、距離が延びていい」と評していた馬だ。東京二千四百メートルなら小細工の必要はない。今度こそ最高の舞台で最高の走りを見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る