武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【オークス】ディープ産駒の東京GⅠ3連勝だ主役はサトノワルキューレ

公開日:

 舞台は東京の二千四百メートル。そこで出番はディープインパクト産駒だ。◎はサトノワルキューレでいく。

“2強”アーモンドアイ、ラッキーライラックは距離が少し気になる。

 アーモンドは父がロードカナロアだからというわけではない。桜花賞で②着につけた着差は「0秒3」。実は過去30年、桜花賞で0秒3差以上で勝った馬は91年シスタートウショウ(オークス②着)、92年ニシノフラワー(⑦着)、97年キョウエイマーチ(⑪着)、01年テイエムオーシャン(③着)、04年ダンスインザムード(④着)、15年レッツゴードンキ(⑩着)と勝利なし。マイルの強さはリンクしない。

 ラッキーの父はオルフェーヴルで、その父はステイゴールド。この系統は牝馬だとスピードが濃く出て、距離がもたない馬が多い。

 一方、全く不安がないのがサトノ。いや、不安なしではなく、ここはベストのステージである。

 フローラSは後半5F58秒4という究極の脚が要求される流れ。それを最後方から差し切った推定は56秒台半ば。この記録はアーモンドと比べてもヒケを取らない。

 東京GⅠはNHKマイルC=ケイアイノーテック、ヴィクトリアM=ジュールポレールとディープが連勝中。

 二千四百メートルでも、もちろん主役を張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る