武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【オークス】ディープ産駒の東京GⅠ3連勝だ主役はサトノワルキューレ

公開日:

 舞台は東京の二千四百メートル。そこで出番はディープインパクト産駒だ。◎はサトノワルキューレでいく。

“2強”アーモンドアイ、ラッキーライラックは距離が少し気になる。

 アーモンドは父がロードカナロアだからというわけではない。桜花賞で②着につけた着差は「0秒3」。実は過去30年、桜花賞で0秒3差以上で勝った馬は91年シスタートウショウ(オークス②着)、92年ニシノフラワー(⑦着)、97年キョウエイマーチ(⑪着)、01年テイエムオーシャン(③着)、04年ダンスインザムード(④着)、15年レッツゴードンキ(⑩着)と勝利なし。マイルの強さはリンクしない。

 ラッキーの父はオルフェーヴルで、その父はステイゴールド。この系統は牝馬だとスピードが濃く出て、距離がもたない馬が多い。

 一方、全く不安がないのがサトノ。いや、不安なしではなく、ここはベストのステージである。

 フローラSは後半5F58秒4という究極の脚が要求される流れ。それを最後方から差し切った推定は56秒台半ば。この記録はアーモンドと比べてもヒケを取らない。

 東京GⅠはNHKマイルC=ケイアイノーテック、ヴィクトリアM=ジュールポレールとディープが連勝中。

 二千四百メートルでも、もちろん主役を張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る