武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋25年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評がある。毎週、目黒貴子さんとその週の重賞解説の動画も公開中。

【オークス】ディープ産駒の東京GⅠ3連勝だ主役はサトノワルキューレ

公開日: 更新日:

 舞台は東京の二千四百メートル。そこで出番はディープインパクト産駒だ。◎はサトノワルキューレでいく。

“2強”アーモンドアイ、ラッキーライラックは距離が少し気になる。

 アーモンドは父がロードカナロアだからというわけではない。桜花賞で②着につけた着差は「0秒3」。実は過去30年、桜花賞で0秒3差以上で勝った馬は91年シスタートウショウ(オークス②着)、92年ニシノフラワー(⑦着)、97年キョウエイマーチ(⑪着)、01年テイエムオーシャン(③着)、04年ダンスインザムード(④着)、15年レッツゴードンキ(⑩着)と勝利なし。マイルの強さはリンクしない。

 ラッキーの父はオルフェーヴルで、その父はステイゴールド。この系統は牝馬だとスピードが濃く出て、距離がもたない馬が多い。

 一方、全く不安がないのがサトノ。いや、不安なしではなく、ここはベストのステージである。

 フローラSは後半5F58秒4という究極の脚が要求される流れ。それを最後方から差し切った推定は56秒台半ば。この記録はアーモンドと比べてもヒケを取らない。

 東京GⅠはNHKマイルC=ケイアイノーテック、ヴィクトリアM=ジュールポレールとディープが連勝中。

 二千四百メートルでも、もちろん主役を張る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る