大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。トレセン取材からデーター分析まで様々な視点で勝ち馬を導き出す。堀、相沢厩舎などを担当。ジャッジは的確だ。

【オークス】絶好調・大谷確信◎ ラッキーライラック反撃V

公開日: 更新日:

ヴィクトリアM馬単1万1730円ズバリ

 桜のリベンジだ! ラッキーライラック戴冠。

 単勝1・8倍の断然人気に推された桜花賞。1番枠から石橋が完璧にエスコートしたにもかかわらず、アーモンドアイの鬼脚に屈した。

 確かに、完敗の形ではあった。しかし、2冠目で逆転への道筋は間違いなくある。

 ライバルに対するラッキーの最大のアドバンテージは、やはりレースのうまさ。

 桜花賞でもトップスタートを切り、先行馬を行かせてインの3番手をキープ。これはゲートが遅いアーモンドにはできない競馬だ。

 昨年を振り返ってみよう。オークス当日の芝はとにかくイン有利で、早めに抜け出した白帽2頭のワン・ツー。2番人気アドマイヤミヤビが上がり33秒9で追い込んだものの、0秒7差離された③着までが精いっぱいだった。

 同じような場面は過去にもたびたび。14年には残り1Fで先頭に立った桜花賞③着馬ヌーヴォレコルトを、断然人気のハープスターが首差捕まえ切れず②着止まり。

 古い話だと、ラッキーの松永幹師がジョッキー時代の91年。イソノルーブルで逃げて、桜花賞馬シスタートウショウの猛追を鼻差しのいだシーンまで思い起こされる。

早め先頭から押し切る

 天気予報からは良馬場が濃厚な今年の芝。先週は京王杯SCが千四1分19秒5のレコードだったように、速い時計が出るコンディションだ。

 展開的にもサヤカチャンの逃げ一車。距離を意識し、スローに持ち込む公算は高い。レースの上がりが34秒1と速かった昨年に近い展開とみている。そうなると、追い込み馬は苦しい。

 絶好の2番枠と、それを生かせる抜群のゲートセンスがあるラッキー。断然人気で受けて立つ立場だった桜花賞と違い、チャレンジする側に回れるのもいい。

 今度はライバルの力量を把握済み。早め先頭から堂々と押し切りだ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る