愛馬ロサードを差し切ったウメノファイバーの差し脚

公開日:

 一口馬主をやっていると、自分の愛馬だけじゃなく、戦ったライバルたちの“その後”も気になるものです。

 ボクが初めて社台で出資した馬がロサード、そのロサードがデビューから3戦2勝で挑んだのが秋の京王杯3歳S。息の長い末脚は府中でこそ、との思い通り内から抜け出そうとするところを、さらに後ろから差してきたのが牝馬ウメノファイバーでした。

 やや地味な血統のせいか好走すれども人気にならない彼女は、その後クイーンCを勝って臨んだ桜花賞が8番人気⑥着。当然オークスでも7番人気という低い支持。しかし、ボクは忘れられませんでした。ロサードを差した、あの脚を。

 そしてレース、果たして彼女はやってきました。後方14番手から、先に抜け出した人気のトゥザヴィクトリーをはじめ、ライバルたちをごぼう抜きにして。自分の愛馬を負かした馬が頂点に立つ――。何だか晴れやかな気持ちだったなぁ。

 実はこのウメノファイバーを祖母に持つのが、皐月賞②着のサンリヴァル。地味な存在なのは血筋でも、来週のダービーでは再びアッと言わせるかもしれませんね。

 今年のオークスは、やっぱりアーモンドアイ。「距離が延びた方がいい」というC・ルメール騎手の言葉を信じよう。相手は内枠にズラリと並んだ桜花賞②~⑤着馬。そしてサトノワルキューレ。妙味は2枠の2頭かな? 馬券は2枚。3連単のフォーメーション40点で。 (俳優)
◎アーモンドアイ
○ラッキーライラック
▲マウレア
△トーセンブレス
△リリーノーブル
△サトノワルキューレ

【3連単】フォーメーション
▼⑬→①②③④⑧→①②③④⑧
▼①②③④⑧→⑬→①②③④⑧
 計40点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る