• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛馬ロサードを差し切ったウメノファイバーの差し脚

 一口馬主をやっていると、自分の愛馬だけじゃなく、戦ったライバルたちの“その後”も気になるものです。

 ボクが初めて社台で出資した馬がロサード、そのロサードがデビューから3戦2勝で挑んだのが秋の京王杯3歳S。息の長い末脚は府中でこそ、との思い通り内から抜け出そうとするところを、さらに後ろから差してきたのが牝馬ウメノファイバーでした。

 やや地味な血統のせいか好走すれども人気にならない彼女は、その後クイーンCを勝って臨んだ桜花賞が8番人気⑥着。当然オークスでも7番人気という低い支持。しかし、ボクは忘れられませんでした。ロサードを差した、あの脚を。

 そしてレース、果たして彼女はやってきました。後方14番手から、先に抜け出した人気のトゥザヴィクトリーをはじめ、ライバルたちをごぼう抜きにして。自分の愛馬を負かした馬が頂点に立つ――。何だか晴れやかな気持ちだったなぁ。

 実はこのウメノファイバーを祖母に持つのが、皐月賞②着のサンリヴァル。地味な存在なのは血筋でも、来週のダービーでは再びアッと言わせるかもしれませんね。

 今年のオークスは、やっぱりアーモンドアイ。「距離が延びた方がいい」というC・ルメール騎手の言葉を信じよう。相手は内枠にズラリと並んだ桜花賞②~⑤着馬。そしてサトノワルキューレ。妙味は2枠の2頭かな? 馬券は2枚。3連単のフォーメーション40点で。 (俳優)
◎アーモンドアイ
○ラッキーライラック
▲マウレア
△トーセンブレス
△リリーノーブル
△サトノワルキューレ

【3連単】フォーメーション
▼⑬→①②③④⑧→①②③④⑧
▼①②③④⑧→⑬→①②③④⑧
 計40点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る