• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オークス】末脚一閃アーモンドアイから勝負です

 週末は天気も回復! 暑さも落ち着き、競馬観戦日和になりそうです。馬場は良馬場予想。東京芝2400メートルという超タフなコースを走りきる強い女の子は誰なのか? ワクワクが止まりません。今週は全身緑色の“樫の女王”(?)に扮した穂川果音です。

 さてオークスは、前走が桜花賞で5番人気以内の馬が毎年連対と好走。桜花賞の結果が直結しやすいということで◎はアーモンドアイ。過去10年のオークスでは差し馬が好走していて、桜花賞では素晴らしい末脚で見事に差し切ったアーモンドアイに期待がかかります。

 そのアーモンドアイにしか負けていないのがラッキーライラック。距離延長の方がいいとのことなので対抗に推します。

 そして2400メートルを経験し勝ったことのあるサトノワルキューレにも注目。牡馬にも勝ったことがありますし、バッチリ走り切ってくれる安心感があります。

 正直、桜花賞を走ったレベルの高い馬が揃いすぎて悩みましたが、過去10年では3枠の馬が比較的好走しているので桜花賞⑤着馬のマウレアを▲に。もう1頭、ディープ産駒のオールフォーラヴを加えたいと思います。
◎アーモンドアイ
○ラッキーライラック
▲マウレア
△サトノワルキューレ
×オールフォーラヴ

▽ほかわ・かのん AbemaTV/AbemaPrime「AbemaNEWS」レギュラー気象予報士(月~金)

※紙面には載っていないセクシー写真は本紙の写真サイト「MOMENT」(https://moment.nikkan-gendai.com/)へGO!

衣装協力(C)クリアストーン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る