【オークス】末脚一閃アーモンドアイから勝負です

公開日:

 週末は天気も回復! 暑さも落ち着き、競馬観戦日和になりそうです。馬場は良馬場予想。東京芝2400メートルという超タフなコースを走りきる強い女の子は誰なのか? ワクワクが止まりません。今週は全身緑色の“樫の女王”(?)に扮した穂川果音です。

 さてオークスは、前走が桜花賞で5番人気以内の馬が毎年連対と好走。桜花賞の結果が直結しやすいということで◎はアーモンドアイ。過去10年のオークスでは差し馬が好走していて、桜花賞では素晴らしい末脚で見事に差し切ったアーモンドアイに期待がかかります。

 そのアーモンドアイにしか負けていないのがラッキーライラック。距離延長の方がいいとのことなので対抗に推します。

 そして2400メートルを経験し勝ったことのあるサトノワルキューレにも注目。牡馬にも勝ったことがありますし、バッチリ走り切ってくれる安心感があります。

 正直、桜花賞を走ったレベルの高い馬が揃いすぎて悩みましたが、過去10年では3枠の馬が比較的好走しているので桜花賞⑤着馬のマウレアを▲に。もう1頭、ディープ産駒のオールフォーラヴを加えたいと思います。
◎アーモンドアイ
○ラッキーライラック
▲マウレア
△サトノワルキューレ
×オールフォーラヴ

▽ほかわ・かのん AbemaTV/AbemaPrime「AbemaNEWS」レギュラー気象予報士(月~金)

※紙面には載っていないセクシー写真は本紙の写真サイト「MOMENT」(https://moment.nikkan-gendai.com/)へGO!

衣装協力(C)クリアストーン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る