【オークス】アーモンドアイの将来性はジェンティル級

公開日: 更新日:

ラッキーライラックも別路線組も返り討ち

 直線では負けようがない、他馬は勝ちようがない風景だった。

 牝馬クラシック第2弾のオークスはアーモンドアイの独り舞台――。

 ヒヤッとしたシーンは一瞬だけ。これまでゲートに少し不安を残していたが、今回は好スタートを決めると、行きたがるそぶりを見せた。

 そのままでは二千四百は乗りこなせないが、それも1角まで。その後は折り合いもついて、ちょうど左前方にライバルのラッキーライラックを見る絶好のポジションでじっくり脚をためることができた。

 だからこそ、最後はまたも鬼脚炸裂。直線に入ってラッキーをかわし、さらに早め先頭に立っていたリリーノーブルにはノーステッキで残り300メートル付近で並ぶと、この時点で勝負あり。ルメールの左ステッキが飛んだ後は一気に突き放して、2馬身差のフィニッシュだ。

 見た目のインパクトも凄かったが、残した数字も強烈だ。ラスト3Fは実に33秒2! これは勝ち馬に限らず、負け組を含めてもオークス史上最速のもの。さらに勝ち時計も2分23秒8でジェンティルドンナのレコードに0秒2差だから、超一流のものだ。

 この走りを見せつけられると、秋華賞を含めた牝馬3冠は確定的どころか、そのジェンティル級の歩みを期待したくなってくる。

 思えばジェンティルはサンデーレーシング所属の“クラブ馬”。6歳3月引退の規定ギリギリとなる5歳時の有馬記念まで稼ぎに稼ぎ、海外も含めてGⅠを7勝。歴史的名牝になった。

 アーモンドアイもシルクレーシングのクラブ馬だ。無事なら引退までGⅠ勝ちをいくつ積み重ねるのか。もしかすると、ジェンティル超えも。

 夏休みを挟んで秋には一体、どれだけ怪物級の走りを見せてくれるか。楽しみにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る