【オークス】アーモンドアイの将来性はジェンティル級

公開日:

ラッキーライラックも別路線組も返り討ち

 直線では負けようがない、他馬は勝ちようがない風景だった。

 牝馬クラシック第2弾のオークスはアーモンドアイの独り舞台――。

 ヒヤッとしたシーンは一瞬だけ。これまでゲートに少し不安を残していたが、今回は好スタートを決めると、行きたがるそぶりを見せた。

 そのままでは二千四百は乗りこなせないが、それも1角まで。その後は折り合いもついて、ちょうど左前方にライバルのラッキーライラックを見る絶好のポジションでじっくり脚をためることができた。

 だからこそ、最後はまたも鬼脚炸裂。直線に入ってラッキーをかわし、さらに早め先頭に立っていたリリーノーブルにはノーステッキで残り300メートル付近で並ぶと、この時点で勝負あり。ルメールの左ステッキが飛んだ後は一気に突き放して、2馬身差のフィニッシュだ。

 見た目のインパクトも凄かったが、残した数字も強烈だ。ラスト3Fは実に33秒2! これは勝ち馬に限らず、負け組を含めてもオークス史上最速のもの。さらに勝ち時計も2分23秒8でジェンティルドンナのレコードに0秒2差だから、超一流のものだ。

 この走りを見せつけられると、秋華賞を含めた牝馬3冠は確定的どころか、そのジェンティル級の歩みを期待したくなってくる。

 思えばジェンティルはサンデーレーシング所属の“クラブ馬”。6歳3月引退の規定ギリギリとなる5歳時の有馬記念まで稼ぎに稼ぎ、海外も含めてGⅠを7勝。歴史的名牝になった。

 アーモンドアイもシルクレーシングのクラブ馬だ。無事なら引退までGⅠ勝ちをいくつ積み重ねるのか。もしかすると、ジェンティル超えも。

 夏休みを挟んで秋には一体、どれだけ怪物級の走りを見せてくれるか。楽しみにしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る