【オークス】リリーノーブル②着

公開日:

川田の勝負乗りで宿敵は逆転したが…

 勝ったアーモンドアイは確かに強かった。それでも意地を見せたのが②着のリリーノーブルだ。

 阪神JFではラッキーライラックに差されて0秒1差②着。続くチューリップ賞でその差はさらに広がって0秒4差の③着と連対も外した。そこで陣営は桜花賞に向けて折り合い、そして瞬発力を磨く調教を課した。

 本番ではその成果を見せた。アーモンドアイには屈したものの、最後はラッキーを追い詰める③着だ。当時はラッキーよりもラスト3Fは0秒2速く、今までとは違う走りを披露していた。

 そして今回は好スタートから、スッと3番手につける積極策。川田の勝負乗りでもあったが、しっかりと折り合いもついていた。そう、陣営の思い描いた通りの完璧なレース運びで、ついにラッキーとの差を逆転したのだ。この内容は素直に評価していいだろう。

 ただ、その宿敵以上に強かったのが勝ち馬だったということ。秋華賞は直線が長い舞台で行われた春の2戦と違って、京都の内回り。この馬の器用さが生きるコースでアーモンドアイを慌てさせることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

  7. 7

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    菊池雄星争奪戦 カネ以外のポイントは球場内の環境にあり

もっと見る