【オークス】リリーノーブル②着

公開日:

川田の勝負乗りで宿敵は逆転したが…

 勝ったアーモンドアイは確かに強かった。それでも意地を見せたのが②着のリリーノーブルだ。

 阪神JFではラッキーライラックに差されて0秒1差②着。続くチューリップ賞でその差はさらに広がって0秒4差の③着と連対も外した。そこで陣営は桜花賞に向けて折り合い、そして瞬発力を磨く調教を課した。

 本番ではその成果を見せた。アーモンドアイには屈したものの、最後はラッキーを追い詰める③着だ。当時はラッキーよりもラスト3Fは0秒2速く、今までとは違う走りを披露していた。

 そして今回は好スタートから、スッと3番手につける積極策。川田の勝負乗りでもあったが、しっかりと折り合いもついていた。そう、陣営の思い描いた通りの完璧なレース運びで、ついにラッキーとの差を逆転したのだ。この内容は素直に評価していいだろう。

 ただ、その宿敵以上に強かったのが勝ち馬だったということ。秋華賞は直線が長い舞台で行われた春の2戦と違って、京都の内回り。この馬の器用さが生きるコースでアーモンドアイを慌てさせることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る