【オークス】レース後の談話

公開日:

①着アーモンドアイ(ルメール騎手) 勝ててすごくうれしいです。完璧なレースで精いっぱい走ってくれました。自信はあったけど、1番人気に推されていたし、自分がミステークしなければ勝てると思っていたので緊張しました(笑い)。レース前は後ろで走りたかったんだけど、すごくいいスタートでこっちがびっくり。そのおかげで楽にいいポジションを取れました。最初、ちょっとハミを取ったんで心配したけど2コーナーでリラックス。自信をくれました(笑い)。向正面で“勝てる”と思いました。ポテンシャルが高いのでトリプルクラウンもいけると思いますよ。

②着リリーノーブル(川田騎手) いい枠からスムーズに競馬できましたね。とにかく陣営がいいデキにつくってくれていたし、気持ちいいレースができました。ただ、勝った馬が強かったです。

③着ラッキーライラック(石橋騎手) スタートはいつも通り上手に出てくれました。リリーノーブルが前に行ってくれたんで、道中はその後ろで折り合いに専念する形。何とか我慢してくれてましたね。4角では(アーモンドアイの)シャドーロールが見えて“ここにいるのか”と思いましたね。エンジンをかけてからはしっかり伸びているし、よく頑張っています。

④着レッドサクヤ(福永騎手) 最後まで伸びてくれたし、よく頑張ってくれました。とにかくきょうは状態が素晴らしかったし、内をロスなく立ち回れたのも良かったですね。

⑤着マウレア(武豊騎手) アーモンドアイが前にいたんで、食らいついていく形に。やりたいレースはできたよ。この馬自身、最後まで頑張って伸びてはいたけど、距離は少し長いのかも。

⑥着サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手) スタートはうまくなったけど、全然伸びてくれなかったよ。
(角居調教師) 時計うんぬんではないと思う。一線級とやってないのが出たかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る