• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【オークス】レース後の談話

①着アーモンドアイ(ルメール騎手) 勝ててすごくうれしいです。完璧なレースで精いっぱい走ってくれました。自信はあったけど、1番人気に推されていたし、自分がミステークしなければ勝てると思っていたので緊張しました(笑い)。レース前は後ろで走りたかったんだけど、すごくいいスタートでこっちがびっくり。そのおかげで楽にいいポジションを取れました。最初、ちょっとハミを取ったんで心配したけど2コーナーでリラックス。自信をくれました(笑い)。向正面で“勝てる”と思いました。ポテンシャルが高いのでトリプルクラウンもいけると思いますよ。

②着リリーノーブル(川田騎手) いい枠からスムーズに競馬できましたね。とにかく陣営がいいデキにつくってくれていたし、気持ちいいレースができました。ただ、勝った馬が強かったです。

③着ラッキーライラック(石橋騎手) スタートはいつも通り上手に出てくれました。リリーノーブルが前に行ってくれたんで、道中はその後ろで折り合いに専念する形。何とか我慢してくれてましたね。4角では(アーモンドアイの)シャドーロールが見えて“ここにいるのか”と思いましたね。エンジンをかけてからはしっかり伸びているし、よく頑張っています。

④着レッドサクヤ(福永騎手) 最後まで伸びてくれたし、よく頑張ってくれました。とにかくきょうは状態が素晴らしかったし、内をロスなく立ち回れたのも良かったですね。

⑤着マウレア(武豊騎手) アーモンドアイが前にいたんで、食らいついていく形に。やりたいレースはできたよ。この馬自身、最後まで頑張って伸びてはいたけど、距離は少し長いのかも。

⑥着サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手) スタートはうまくなったけど、全然伸びてくれなかったよ。
(角居調教師) 時計うんぬんではないと思う。一線級とやってないのが出たかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る