【オークス】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着アーモンドアイ(ルメール騎手) 勝ててすごくうれしいです。完璧なレースで精いっぱい走ってくれました。自信はあったけど、1番人気に推されていたし、自分がミステークしなければ勝てると思っていたので緊張しました(笑い)。レース前は後ろで走りたかったんだけど、すごくいいスタートでこっちがびっくり。そのおかげで楽にいいポジションを取れました。最初、ちょっとハミを取ったんで心配したけど2コーナーでリラックス。自信をくれました(笑い)。向正面で“勝てる”と思いました。ポテンシャルが高いのでトリプルクラウンもいけると思いますよ。

②着リリーノーブル(川田騎手) いい枠からスムーズに競馬できましたね。とにかく陣営がいいデキにつくってくれていたし、気持ちいいレースができました。ただ、勝った馬が強かったです。

③着ラッキーライラック(石橋騎手) スタートはいつも通り上手に出てくれました。リリーノーブルが前に行ってくれたんで、道中はその後ろで折り合いに専念する形。何とか我慢してくれてましたね。4角では(アーモンドアイの)シャドーロールが見えて“ここにいるのか”と思いましたね。エンジンをかけてからはしっかり伸びているし、よく頑張っています。

④着レッドサクヤ(福永騎手) 最後まで伸びてくれたし、よく頑張ってくれました。とにかくきょうは状態が素晴らしかったし、内をロスなく立ち回れたのも良かったですね。

⑤着マウレア(武豊騎手) アーモンドアイが前にいたんで、食らいついていく形に。やりたいレースはできたよ。この馬自身、最後まで頑張って伸びてはいたけど、距離は少し長いのかも。

⑥着サトノワルキューレ(M・デムーロ騎手) スタートはうまくなったけど、全然伸びてくれなかったよ。
(角居調教師) 時計うんぬんではないと思う。一線級とやってないのが出たかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る