木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

木幡育 恩師の期待に応える!

公開日: 更新日:

藤沢和厩舎3頭に騎乗

 今春のGⅠ戦線にも多くの管理馬を送り出している藤沢和厩舎。

 NHKマイルCにはタワーオブロンドン、ファストアプローチ、ロックディスタウンの3頭を出走させ、今週のダービーはゴーフォザサミットがスタンバイ。来週の安田記念にもサトノアレス、スターオブペルシャ、タワーオブロンドン、ムーンクエイクの4頭が登録と、その攻勢はとどまるところを知らない。

 毎日、それら一線級の調教にまたがり、日々技術を磨いているのが、昨年のデビュー時から所属している木幡育だ。

「どれも素晴らしい能力を持っています。まだまだ未熟なので、これだけの馬たちの背中を知るだけでも非常に勉強になります。併せ馬で一緒に乗る大先輩たちのアドバイスも非常にためになります」

 師も熱心に攻め馬をつける弟子をしっかり見ていたのだろう。今週は調教だけではなく、実戦で勝ち負けになる馬の手綱を託すことにした。

◇  ◇  ◇

――土曜は藤沢和厩舎所属馬3頭に騎乗します。それぞれの感触を教えてください。まずは7Rのキングオブアームズ。今週の追い切りをつけました。どうでしたか。
木幡育騎手「ウッドで3頭併せをしました。道中は2番手から折り合い良く走って、直線では真ん中に。最後は馬なりで併入して、いい動きでしたよ。かき込みの深いフットワークでダートは向きそうだと感じました。マイルも合いそうです」

――8Rバトルスピリッツは前走も乗って③着。
「しまいはいい伸びを見せてくれたんですが、1番人気だったこともあってちょっと大事に乗り過ぎたかもしれません。芝、ダート兼用のタイプなので芝替わりも心配ない。今度はもう少し前めのポジションでレースをしようと思ってます。またチャンスを頂けると考えてなかったので、今度はものにしたいです」

――12Rのキミノナハセンターはどうですか。
「初めてのダートがどうかですね。折り合いが難しいところがあるんですが、もしかしたら砂をかぶっていい方に向くかもしれません。それで気が散るので。能力はあるので噛み合えばチャンスありそう。頑張ります!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る