• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

木幡育 恩師の期待に応える!

藤沢和厩舎3頭に騎乗

 今春のGⅠ戦線にも多くの管理馬を送り出している藤沢和厩舎。

 NHKマイルCにはタワーオブロンドン、ファストアプローチ、ロックディスタウンの3頭を出走させ、今週のダービーはゴーフォザサミットがスタンバイ。来週の安田記念にもサトノアレス、スターオブペルシャ、タワーオブロンドン、ムーンクエイクの4頭が登録と、その攻勢はとどまるところを知らない。

 毎日、それら一線級の調教にまたがり、日々技術を磨いているのが、昨年のデビュー時から所属している木幡育だ。

「どれも素晴らしい能力を持っています。まだまだ未熟なので、これだけの馬たちの背中を知るだけでも非常に勉強になります。併せ馬で一緒に乗る大先輩たちのアドバイスも非常にためになります」

 師も熱心に攻め馬をつける弟子をしっかり見ていたのだろう。今週は調教だけではなく、実戦で勝ち負けになる馬の手綱を託すことにした。

◇  ◇  ◇

――土曜は藤沢和厩舎所属馬3頭に騎乗します。それぞれの感触を教えてください。まずは7Rのキングオブアームズ。今週の追い切りをつけました。どうでしたか。
木幡育騎手「ウッドで3頭併せをしました。道中は2番手から折り合い良く走って、直線では真ん中に。最後は馬なりで併入して、いい動きでしたよ。かき込みの深いフットワークでダートは向きそうだと感じました。マイルも合いそうです」

――8Rバトルスピリッツは前走も乗って③着。
「しまいはいい伸びを見せてくれたんですが、1番人気だったこともあってちょっと大事に乗り過ぎたかもしれません。芝、ダート兼用のタイプなので芝替わりも心配ない。今度はもう少し前めのポジションでレースをしようと思ってます。またチャンスを頂けると考えてなかったので、今度はものにしたいです」

――12Rのキミノナハセンターはどうですか。
「初めてのダートがどうかですね。折り合いが難しいところがあるんですが、もしかしたら砂をかぶっていい方に向くかもしれません。それで気が散るので。能力はあるので噛み合えばチャンスありそう。頑張ります!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る