弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜京都11R・葵S】アサクサゲンキ態勢万全

公開日:

この距離で本領発揮だ

 新設重賞の6F戦を目標にしてきたアサクサゲンキが主役だ。

 昨夏のGⅢ小倉2歳Sが文句なしに強かった。8枠17番からサッと3番手へ。前半3F33秒3のハイペースをうなるような手応えから、直線は早々と抜け出してきた。

 その後は勝ち星に手が届いていないが、7F重賞のGⅡ京王杯2歳S③着、前走のGⅢファルコンS②着に好走した。ただ、その前走でも折り合い重視の競馬。「距離克服に工夫」という印象が残った。

 やはりこの馬にとってベストは6F。陣営も他のレースには目もくれず、ここ一本に絞ってきた。1週前坂路は4F51秒4の自己ベストをマークと、重賞2勝目へ態勢も万全だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る