外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日本ダ-ビー】皐月賞③着から急上昇 ジェネラーレウーノ押し切る

公開日: 更新日:

 今年の皐月賞は奇麗な2分戦だった。

 前で競り合った第1グループ3頭は前半5F59秒2のハイペース。そこから目測で2秒ほど離れた4番手以下は推定で同61秒台。第2グループの前2頭エポカドーロ、サンリヴァルにとってはスローの前残りとなった。

 ◎はその2頭に続いた③着馬ジェネラーレウーノでいく。

 こちらは①②着馬と対照的に激流の2番手。外からのプレッシャーもきつく息の入らない形となったが、粘りに粘って能力を証明してみせた。1月京成杯以来の実戦だけに高く評価できる。

 ちなみに過去10年の馬券圏内30頭のうち、3カ月以上の間隔があいていたのは10年③着エイシンフラッシュのみ。くしくも同じ京成杯の勝ち馬はたたき2戦目の上昇を味方に2冠目を制した。

 歴史は繰り返す――。

 そう感じさせたのが1週前のウッド追いだ。大外を通って5F65秒2―37秒4、1F12秒2。

 この猛時計の直後でも「上がりの息はツラツラだからなあ」と土屋厩務員。アメリカンボスなどを手掛けた腕利きをうならせる心肺機能は、大一番に向けてマックスにまで仕上がった。

「京成杯勝ちの時点ではこの馬の本気度が分からなかったけど、皐月賞であらためて走る馬だと再認識できた」と田辺。鞍上も確信を得た今回は強気に攻めることができる。

 しかも皐月で競り合った2頭はいない。マイペース先行で押し切りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る