大谷剣市
著者のコラム一覧
大谷剣市

本命、大穴決着どちらもドンとこい。縦横無尽にメーンを斬りまくり。2015年は有馬記念の馬連6840円を◎サウンズオブアースでズバリ的中。昨秋もアルゼンチン共和国杯、エリザベス女王杯を連続で的中させ、勢いがついたら止まらない。東西トップを走る堀厩舎を担当。ジャッジは的確だ。

【日本ダービー】 府中替わりでワグネリアン大逆転

公開日:  更新日:

ワグネリアンの逆襲Vだ。

皐月賞に向けたステップレースで最もハイレベルだったのは、間違いなく弥生賞だった。2番手から馬場のいいところを選んで完勝の2歳王者ダノンプレミアム。不向きな小回りでエンジンのかかりが遅い中、上がり33秒7で②着を確保したワグネリアン。この2頭が世代のナンバーワン、ツーだと確信した。

ただし、皐月賞はダノンが回避。ワグネリアンに関しても、コースとタフな馬場への適性を疑問視して▲までとした。

レースでは2番枠からスタートこそ五分に出たものの、福永が荒れたインを嫌って徐々に外へ。1コーナーに向けたこの進路取りで、キタノコマンドール、ステルヴィオもさらに外を回らされたことで、1~3番人気が揃って後方に。

こうなると互いに牽制し合って動きづらい上に、前は3頭が離して先行する形。特殊な展開に泣かされた揚げ句、小回りのコーナー、緩い馬場でエンジンがかからないまま。ゴール前では挟まれる不利もあり、不完全燃焼で1冠目を終えた。

もちろん、この一戦だけで見限るわけにはいかないし、ダノンとの世代ワン・ツーの評価は揺るがない。

今回はその2頭の選択に悩まされた。

弥生賞での1馬身半差は確かに決定的ではあったが、東京に替われば差が詰まるイメージはできていた。もちろん、順調度でもワグネリアンが勝っているのは言うまでもない。

そして、最終的に決め手となったのは、展開面の読み。

スタートが抜群に速いダノンだが、川田にしてもこれまで通り行く馬を行かせて2、3番手に収まる形を取りたい。

となると、外からジェネラーレウーノが行って同じような位置でエポカドーロ、サンリヴァルがマークする形か。1番人気と皐月賞①~③着馬の強力な包囲網がレースを引っ張り、重心は前に傾きそう。

なら、今度はワグネリアンにとって絶好の展開になる。先に抜け出したダノンを格好の目標に、府中の長い直線で切れ味全開。大逆転でダービー馬の座を掴む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る