• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日本ダービー】不完全燃焼だった皐月賞からグレイル激変だ

 仕上げは万全。グレイルが世代の頂点に立つ。

 見せ場たっぷりだったのが皐月賞の直線だ。4角13番手から追い上げにかかったが、前が壁で1回、2回と進路を変更するロス。スペースに突っ込めたのは残り1Fを切ってからだ。追い出しが遅れに遅れた中でも上がり3F34秒8は最速タイの数字。ゴールイン直後には上位2頭の真後ろまで迫っていたから、まだまだおつりが残っていたのは間違いない。

 共同通信杯後の立ち上がりに時間がかかり、皐月賞は「ようやく間に合った」(野中師)状態。それが、今回はレース後の回復が早く、描いた通りの調整ができた。1週前にCウッドで7Fからびっしり追って、当週は正味3Fを馬なりで息を整える調整。それでもラスト1Fは11秒4の速さである。「皐月賞より状態は数段上がってる」と師も仕上がりに自信を見せる。

 出負けした前走から、今回はゲート練習も入念。対策としてメンコを着用してレースに臨む。全能力を発揮させるための準備は万端。今度こそ一気に突き抜ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る