弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日本ダービー】不完全燃焼だった皐月賞からグレイル激変だ

公開日:

 仕上げは万全。グレイルが世代の頂点に立つ。

 見せ場たっぷりだったのが皐月賞の直線だ。4角13番手から追い上げにかかったが、前が壁で1回、2回と進路を変更するロス。スペースに突っ込めたのは残り1Fを切ってからだ。追い出しが遅れに遅れた中でも上がり3F34秒8は最速タイの数字。ゴールイン直後には上位2頭の真後ろまで迫っていたから、まだまだおつりが残っていたのは間違いない。

 共同通信杯後の立ち上がりに時間がかかり、皐月賞は「ようやく間に合った」(野中師)状態。それが、今回はレース後の回復が早く、描いた通りの調整ができた。1週前にCウッドで7Fからびっしり追って、当週は正味3Fを馬なりで息を整える調整。それでもラスト1Fは11秒4の速さである。「皐月賞より状態は数段上がってる」と師も仕上がりに自信を見せる。

 出負けした前走から、今回はゲート練習も入念。対策としてメンコを着用してレースに臨む。全能力を発揮させるための準備は万端。今度こそ一気に突き抜ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る