橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日本ダービー】皐月賞②着でも妙味たっぷり サンリヴァル狙い撃ち

公開日:

 サンリヴァルで好配当ゲットだ。

 前走の皐月賞は先行3頭が飛ばした5番手を追走。勝負どころから動いて直線でもグイグイと伸びて②着。9番人気だったが、世代トップクラスと互角にわたり合えることを証明した。

 大舞台に向けて、状態面も二重マルがつく。

 先週の坂路では4F52秒2―12秒1で力強く2馬身先着。今週のCウッドでも5F67秒8―37秒4、1F11秒4。いっぱいに追う相手に持ったままで1馬身先着した。

 藤岡師は「レース後は筋肉に多少疲れはあったが、ケアして、その後は予定通り。先週は凄くいい時計で上がりもしっかり。今週もジョッキーは“凄く状態が良さそう”と言っていた」と話す。

 1冠目に上位争いを演じながらも2冠目で人気薄。それに反発して好走した例は何度かあった。

 97年は皐月賞馬サニーブライアンが6番人気で2冠目も奪取。10年は皐月賞③着のエイシンフラッシュが7番人気で栄光を手にしている。

 また、05、06年には皐月賞②着のシックスセンス、ドリームパスポートがともに7番人気で③着といった具合だ。

 今回のサンリヴァルもそんなムード。持ち前の勝負根性で粘り抜く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る