橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【日本ダービー】皐月賞②着でも妙味たっぷり サンリヴァル狙い撃ち

公開日:

 サンリヴァルで好配当ゲットだ。

 前走の皐月賞は先行3頭が飛ばした5番手を追走。勝負どころから動いて直線でもグイグイと伸びて②着。9番人気だったが、世代トップクラスと互角にわたり合えることを証明した。

 大舞台に向けて、状態面も二重マルがつく。

 先週の坂路では4F52秒2―12秒1で力強く2馬身先着。今週のCウッドでも5F67秒8―37秒4、1F11秒4。いっぱいに追う相手に持ったままで1馬身先着した。

 藤岡師は「レース後は筋肉に多少疲れはあったが、ケアして、その後は予定通り。先週は凄くいい時計で上がりもしっかり。今週もジョッキーは“凄く状態が良さそう”と言っていた」と話す。

 1冠目に上位争いを演じながらも2冠目で人気薄。それに反発して好走した例は何度かあった。

 97年は皐月賞馬サニーブライアンが6番人気で2冠目も奪取。10年は皐月賞③着のエイシンフラッシュが7番人気で栄光を手にしている。

 また、05、06年には皐月賞②着のシックスセンス、ドリームパスポートがともに7番人気で③着といった具合だ。

 今回のサンリヴァルもそんなムード。持ち前の勝負根性で粘り抜く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る