• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【日本ダービー】GⅠ男武田の渾身◎ ワグネリアン頭勝負

条件が何もかも好転

 2歳の野路菊Sから前走の皐月賞までずっと◎を打ち続けてきたワグネリアン。これはもちろん早い段階からGⅠを取れる器だと思っているからだ。肝心のダービーだけ浮気はできない。今回も◎といく。

 皐月賞は本命にしたとはいえ、不安材料がないわけでも。

 弥生賞でダノンプレミアムに完敗の②着だったように、決して中山向きではないこと。枠順も後から考えると良くはなかった。

 1枠2番は先行馬にはいいが、差し、追い込み型にとっては乗り難しい。一度下げてずっと外を回るか、仕方なくある程度出して、好位置を取りに行くしかない。

 福永も前半に仕掛け気味で少しずつ外へと導いたが、結果的にはそれでも前めにつけることはできず、中途半端に脚を使ってしまった格好。前3頭が離す特殊な展開、稍重馬場もあって、末脚は不発に終わった。

 しかし、今回は条件が何もかも好転。

 まずは良馬場が見込めること。枠順は真逆の8枠17番。外からまくるように動くタイプだけに、多少のロスはあっても前走のような内めは嫌だった。ここなら両横のジェネラーレウーノ、サンリヴァルがポンと飛び出して包まれる心配はない。

 さらに左回りは2戦2勝。強い内容で記録も伴っている。

 新馬戦は2、3歳新馬の芝二千では史上最速の「後半5F57秒7」を差し切り勝ち。ディープインパクトの新馬戦が57秒8だから、この数字は強烈。それだけいい脚が長く使えるということだ。

 東スポ杯2歳Sで②着につけた0秒5差=3馬身は11年ディープブリランテ以来。この馬もダービー馬である。

 2頭のダービー馬級の記録を残している左回りに替われば、今度こそ末脚爆発は間違いなし。

 平成で皐月賞大敗のダービー馬は99年アドマイヤベガ(⑥着)、09年ロジユニヴァース(⑭着)。どちらも1番人気、1枠だった。

 まさに今年のワグネリアンと同じ。歴史は繰り返す――。41歳の福永がようやくダービージョッキーになる時が来た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る