96年春、名牝エアグルーヴが歩んだ道が頭をよぎる

公開日: 更新日:

 すべてのホースマンにとって……いやいや、われわれ競馬ファンにとっても夢の舞台、日本ダービーがいよいよ明日に迫りました。ん~、競馬歴が30年を超えても、やっぱりドキドキするなぁ。

 で、ダービーの直前ですが、オークスの話を。あれは96年。チューリップ賞を圧勝し、桜花賞は確勝と思われたエアグルーヴが、直前になって熱発。まさかの出走回避となったのです。それから1カ月半、懸命に立て直された彼女はオークスに出走。約3カ月ぶりという久々が危惧されましたが、スッと先行するやピタリと折り合い、直線も鋭く伸びて鮮やかな勝利を飾りました。

 それは、まさに名馬の誕生を確信させる横綱相撲。その後天皇賞(秋)を勝つなど、牡馬とも互角に戦ったエアグルーヴですが、名馬の素質があれば久々のハンディも乗り越えられるんですよね。

 この話、牡牝の違いはあれど今年に酷似してると思いません? そう、時代をつくるほどの実力さえあれば、皐月賞を回避したとしても大丈夫。22年前のオークスがわれわれに予感めいたものを訴えている、そんな気がします。

 正直少し迷った時期もあったけど、万全なら◎ダノンプレミアム。目の前で見た弥生賞での楽勝が忘れられない。極度にイレ込んでさえいなければ、この世代で一番強いと信じます。

 相手はジェネラーレウーノ、エポカドーロら皐月賞組を中心に、3連単で勝負! 馬券はフォーメーションで2枚、合計40点です。

◎ダノンプレミアム 
○ジェネラーレウーノ
▲エポカドーロ   
△ステルヴィオ   
△ゴーフォザサミット
△ブラストワンピース
△ステイフーリッシュ

【3連単】フォーメーション
▼①→⑥⑧⑩⑫⑮⑯
 →⑥⑧⑩⑫⑮⑯
▼⑫⑯→①
 →⑥⑧⑩⑫⑮⑯
 計40点

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る