【ダービー】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ワグネリアン(福永騎手) 最後はただただ気合だけ。何とか①着でゴールできました。これまでと違ってフワフワした感じで、初めての気分。このままダービーは勝てないとも思ってましたが、きょうは馬が凄くいいコンディションでした。ジッとしていると位置が悪くなるので、引っ掛かる恐れもありましたが、ポジションを取りに行きました。うまく馬の後ろにつけられ、あの時点でいける感触はありました。あとは内の有力馬にスペースをあけないように、最後まで夢中で追いました。

②着エポカドーロ(戸崎騎手) 先生と話をして逃げも作戦のひとつでした。ただ、もう少しペースを落とせればよかったですかね。それでもリズム良く運べた結果、ラストまでよく頑張ってくれた。負けはしたけど、力のあるところも見せてくれました。距離も問題なかったですね。

③着コズミックフォース(石橋脩騎手) ただ回ってくるだけじゃなく、ポジションを取るレースをしました。1コーナーの入りがすごく良くて、遅いペースをリズム良く上手に走れました。ケイコに乗った時にスッと反応しなかったんで、4角から早めに仕掛ける形。直線では一瞬勝ったかと思うくらいでしたよ。

④着エタリオウ(ボウマン騎手) ケイコの感触やVTRを見た印象では“ためればいい脚を使うのでは”と思ってたよ。前半で前をカットされて仕方なく後ろからになったが、最後ははじけてくれた。もし内めの枠ならもっと際どかったはず。

⑤着ブラストワンピース(池添騎手) まずはゲート。「不安はその点」とコメントしていた通りになっちゃいました。それでも、向正面ではリカバリーできて、好位で折り合いよく運べた。4角ではバテたジェネラーレウーノの後ろにハマって切り返すロスも。勝った馬はタイトに回ってきたんで、行き場がなくなったのもきつかったです。それにケイコは2週連続で攻めたのに10キロ増。そのあたりもあったかな。

⑥着ダノンプレミアム(川田騎手) 弥生賞と比べて、精神的に我慢が利いていました。具合はすごく良かったですよ。レース内容も二千四百メートルを我慢して走ってくれました。ゴール過ぎてからすぐ止まったように、精いっぱいの走りをしてくれました。

⑦着ゴーフォザサミット(蛯名騎手) 1、2角の不利がね。あそこで押さえて下がる形になったのが痛かったよ。もう1列前で運べていれば、結果は違ったと思う。

⑧着ステルヴィオ(ルメール騎手) スタートが遅いです。きょうのペースで後ろから、しかも外を回る展開では厳しかったです。いい反応で伸びてくれたけど、前が止まらなかったです。

⑫着キタノコマンドール(M・デムーロ騎手) スタートは良かったけど二の脚が利かずにあの位置から。ペースも遅くて力んでた。その分、直線で瞬発力がなかったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る